人間の細胞をリンゴに移植、耳を作り出すことに成功! マッドサイエンティストのヤバすぎる人体再建計画とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

ApplesEars_5.jpg画像は「The Daily Mail」より引用


■組織培養キットの一般発売も!?

 ペリング教授は、今回の研究を通して抱いた想いに突き動かされて「Spiderwort(ムラサキツユクサ)」という企業を設立。この技術をより多くの人に届け、社会を啓蒙したいと、誰でも自宅で簡単に組織培養が可能になるキットを発売する予定だ。オフィシャルサイトでは先行情報が公開されているので、興味がある人は覗いてみるとよいだろう。

「私は意識的に、慣習にとらわれずクリエイティブでいたい」
「いろいろなアイデアが浮かんだら、まずはそれをやってみることが大切です。たとえ失敗が多かったとしても」(ペリング教授)

ApplesEars.jpg画像は「The Daily Mail」より引用

 なお、博士が今回の研究を思いついたのは、ミュージカル「リトルショップ・オブ・ホラーズ(LSOH)」に登場する巨大植物モンスター「オードリージュニア」の姿を目にした時だという。最初の衝動は、「このようなモンスターを研究室で生み出せるのではないか」というものだったとか。

 まさに「天才と狂気は紙一重」という言葉が浮かんでくるようなエピソードだが、博士の研究が今後の移植・再生医療に大きな影響を与えることは間違いないだろう。誰に何を言われようとも、自らの興味と信念に基づき研究に邁進してもらいたいものだ。
(編集部)


動画は「YouTube」より引用


参考:「The Daily Mail」、「SPIDERWORT」、「PLOS ONE」、「TED」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。