【警告】日本人を一億総“瞬殺”する「破局噴火」が近づいているのに役人は無視! 一番ヤバいのは“あの山”だ!

 4月16日の熊本地震の本震発生と同日、阿蘇山で小規模な噴火が起きた。今回の大地震を引き起こした布田川断層帯の延長線上にある阿蘇山は、この影響を受けて火山活動が活発になっている兆候が見られるという。そこで懸念されるのが、「カルデラ噴火」や「破局噴火」と呼ばれる壊滅的な大噴火の発生だ。阿蘇山に限らず、ひとたび起これば“日本の終わり”につながる大噴火について考察してみることにしたい。

caldera_4.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

■日本を滅ぼす「カルデラ噴火」の恐怖

「カルデラ噴火」とは、地下のマグマが地上に一気に噴出する形式の大噴火のことで、場合によっては地球規模の大きな環境変化をもたらす。「破局噴火」とも呼ばれるが、これは2002年の石黒耀による小説『死都日本』でこの言葉が初めて使われてから、火山学者たちも学術用語として用いるようになった経緯がある。

 また、火山学では噴火の規模を表す尺度として「噴火マグニチュード」が用いられる。過去の日本の火山噴火でいうと、富士山の宝永大噴火(1707年)がM5.2程度の規模だった。M6.5程度のカルデラ噴火でも、場所によっては日本が壊滅の危機に瀕すると考えられている。

 では、ひとたびカルデラ噴火が起きると具体的にどうなるか? カルデラ噴火研究の第一人者である神戸大学大学院理学研究科の巽好幸教授(マグマ学)が『東洋経済オンライン』(2016年5月28日)で執筆した「阿蘇山『カルデラ噴火』が、日本を壊滅させる」を参考にすると、次のようになる。まず、広範囲に影響を及ぼすと考えられる火山灰の降灰で、電気・ガス・水道がストップし、民家が潰れ、高速道路も含めて車の通行が不可能になって交通もマヒし、食料配給も絶たれる。細粒の火山灰による人間や動物への健康被害、さらにコンピューターなどのハイテク機器の動作不良も懸念されている。また森林は完全に破壊され、回復には200年以上の歳月が必要となる。これはつまり、日本列島が動物も植物も生きることができない“死の地”となることを意味する。

 そして、さらに恐ろしいのが火砕流の存在だ。一口に火砕流といってもイメージが湧かないかもしれないが、これは赤熱した溶岩の細片や水蒸気、そして火山ガスなどが一体となったうえ、数百度の超高温で流れていくものだ。そのスピードは時として時速100kmを超え、標高千メートル級の山々も乗り越えて進む。これに巻き込まれれば全ての生命活動が奪われ、「瞬殺」となるという。

 実例を挙げると、約7300年前に鹿児島県沖の海底火山で起きた「鬼界アカホヤ噴火」では火砕流が九州の大部分を襲い、これが九州の縄文文化を壊滅させる原因となった。九州や四国の縄文人たちは死滅したか、または一部が食料を求めて火山灰の無い地域へ移住したと思われ、九州は千年近くも無人の地となった。そして火山灰は東北地方や朝鮮半島にまで降り注いでいる。このように、カルデラ噴火は文字通り人類の文明に「破局」をもたらしかねない大災害となるのだ。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ