宮根誠司が能年玲奈バッシング報道に加担し「ルール違反」と攻撃! やっぱりこいつは“バーニングの犬”だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

 当然、今回の引退報道も、こうしたレプロ側の言い分ばかりが報じられ、能年は完全に“恩知らずのワガママ女優”という印象を植え付けられている。しかし、一般常識的に考えてみたらどうか。引く手あまたの状況にあっても最適なマネジメントをしてもらえず、そのことに異議を唱えたらネガティブ情報を一方的に流され、会社を辞めさせてももらえない。これは普通に考えれば、正当な労働基本権を奪われた状態であり、独占禁止法違反の疑いだってある。

 だが、宮根はこうした事情を一切無視し、事務所から独立するのは御法度という“芸能界の論理”から「ルール違反」だと断罪した。これがタレントのコメントならば、まだわかる。しかし、宮根はただのタレントではなく、情報番組の司会者というジャーナリズムにかかわる人間なのだ。

 しかも、もっと悪質なのは、宮根自身が芸能界において、最大の権力を握るバーニングプロダクションと深い関係にある、という点だろう。

「宮根は関西の局アナから独立をする際、バーニングと直系のフロム・ファーストプロダクションの大阪支社に所属していましたが、バーニングの社長であり“芸能界のドン”と呼ばれる周防郁雄社長が宮根を大いに気に入り、宮根のために新事務所・テイクオフまで立ち上げました。隠し子騒動のときだって、問題をスクープした『女性セブン』(小学館)の記事は、なぜか美談仕立て。もちろんこれは小学館に強いパイプをもつ周防社長の力があってこそ。普通の司会者なら後追い報道が相次いで『ミヤネ屋』も『Mr.サンデー』(フジテレビ)も降板となっていたでしょうが、周防さん案件では芸能マスコミは手も足も出ませんよ」(前出・芸能事務所関係者)

 ようするに、今回の発言は、自分がバックにしている芸能プロダクションと同じ系列の事務所をかばい、一緒に能年バッシングに加担したというだけなのだ。

 ここに情報番組の司会者としての倫理性などかけらもない。あるのは、“バーニングの一員”という特定の利害に与して情報を誘導する、子飼いの精神だけだ。

 しかも、同じようなことはすでに起こっている。たとえば、藤原紀香と片岡愛之助の熱愛発覚後、熊切あさ美との破局騒動が勃発したが、そのときも宮根は「愛之助と電話した」と言って愛之助の潔白を主張した。これは、藤原紀香を可愛がってきた周防社長が愛之助との交際に好意的で、愛之助の疑惑を払拭する必要があったためだと見られている。ようするに、“愛之助とは円満に別れたのに、熊切が未練がましい”と報道をミスリードするために、宮根は自身の番組を使って実働したというわけだ。

関連記事

    人気連載
    あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

    あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

    ■あなたの“恋愛依存度” 「以下の数字から、気になるもの...

    人気連載
    2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

    2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

    ■2019年ラスト1ヵ月の過ごし方 「以下の選択肢から、...

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。