13歳の天才少年がたった1,600円でフリーエネルギー装置を発明!=米ネバダ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

■製作コストは1600円!

 取材していた記者も目を白黒させており、聞いただけでは一体なんのことやら……。だが、特筆すべきはかかった費用はなんとたったの14ドル(約1600円)で、まだ小規模ながら誰でもフリーエネルギーを生み出すことが出来得るようになる点である。

 やや胡散臭いものも含めて、世界中で研究が進むフリーエネルギー開発だが、燃料を使用せずに発電できるシステムや、入力したエネルギーよりも出力するエネルギーが大きくなる安定したシステムを作り出せれば、有限資源に依存している現状から世界が大きく変わることになるだろう。

「将来は皆が幸せで安全に暮らせるよう人の役に立ちたい」と語るローハン君には恐れ入るばかりだが、どうかこのまま真っ直ぐに進んでいってほしい。
(文=Maria Rosa.S)

参考:「Waking Times」ほか

関連キーワード

コメント

10:匿名 2019年9月23日 13:45 | 返信

×若干13歳
○弱冠13歳

9:匿名 2017年7月19日 07:24 | 返信

ここで 只の鉱石ラジオじゃーん、とか、飛び交ってる電磁波を整流しただけじゃーん、などと言ってる人達は、心底馬鹿なんだろうね

8:匿名 2017年5月22日 15:40 | 返信

昔ならイヤホンに繋いで喜んでいたのが、今はLEDだからね。
1600円もかかったことに驚きだよw

7:匿名 2017年5月20日 14:26 | 返信

鉱石ラジオ。
そうですよね。
空間にあふれる電磁波アンテナで取り込み、発生した電流を整流した。
ま、空中の電波から電流を取り出した。
ということではないのだろうか。

6:匿名 2017年5月19日 19:08 | 返信

入力したエネルギーよりも出力するエネルギーが大きくなる安定したシステムを作り出せれば、

だってぇ~
バッカじゃ、無い脳~

5:匿名 2017年5月19日 19:04 | 返信

>>入力したエネルギーよりも出力するエネルギーが大きくなる安定したシステムを作り出せれば、

バッカじゃ、無い脳~!

4:匿名 2017年5月19日 00:25 | 返信

鉱石ラジオみたいなもんでしょ

3:匿名 2017年5月18日 16:42 | 返信

小学生の自由研究じゃん

2:P 2017年5月18日 02:19 | 返信

この件に関しては全くもって「フリーエネルギー」でなく、元々電力を消費して飛ばしてた電波を拾っただけなので、フリーエネルギーには程遠い。
(非接触充電と同じ原理。)

1:匿名 2017年5月17日 03:55 | 返信

時々思うのだが、人類はどんどん馬鹿になってるのじゃないかと。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。