死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

【5 マッスル北村:減量で飢え死?】

 様式美のために極限まで筋肉を鍛えるボディビルディングも、芸能人の身体改造に通ずるものがある。中でもマッスル北村は飛び抜けていた。彼はタレントとしてバラエティ番組などに出演し、高学歴の持ち主でありながらキワモノ、変人のレッテルを甘んじて受け入れていた。だが一方で、トレーニングに対してはいたって真面目であり、大会まで4日しかない期限の中で、100キロを走りぬくマラソンによって14キロのダイエットを成功させるなど、目標を決めたら、達成するまでがむしゃらに頑張るというのが彼の信念であった。

 マッスル北村は、2000年の8月に20キロの減量に挑む中、低血糖症による心不全により39歳の若さで死去する。事実上の飢え死にである。減量のために死を選んでしまったマッスル北村は正真正銘の“筋肉バカ”であったといえよう。

 役作りのための身体改造は、究極には「仕事のために死ねるか」という覚悟を問うものでもあるだろう。
(文=平田宏利)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。