何かがおかしいファンキー加藤W不倫報道の裏側! アンタ柴田の語られぬ本音も…?

関連キーワード:

 それにしても凄まじいタイミングだ。元「ファンキーモンキーベイビーズ」のファンキー加藤と、お笑いコンビ「アンタッチャブル」柴田英嗣の元妻・Aさんのダブル不倫が7日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で報じられた。同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会でAさんと知り合い、不倫関係に発展。その後、柴田とAさんは昨年5月に離婚。その4カ月後の昨年9月にAさんの妊娠が発覚したという。これを受け加藤は7日、報道陣の取材に対応。「記事に書かれていることは事実です」と認めた上で「こんな自分をそれでも支えてくれる妻と家族、そして柴田さん、本当につらい思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます」と頭を下げた。

 報道通り、生まれてくる子どもの認知と、養育費を払うことを明かし「このような状況になってしまいましたが、生まれてくる子供のことをしっかりと考えて、向き合っていきたいと思います」と唇を噛んだ。一方の柴田は同誌の直撃取材に「ふたりが決めたことでしょうし、まぁ自分が口を挟むことではないな」と大人の対応。この日放送された配信番組「さしめし」でも「離婚をした後の話だから、あんまり知らないんだよね」「相手を責めたところでも奥さんもいるし、子供もいるし」と冷静に語った。

 Aさんが柴田の妻であったことを知らなかったとはいえ、ゲス不倫に走った加藤は言語道断。その一方で計算し尽くされた今回の報道には違和感も覚える。加藤は同誌が発売された7日、プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス-中日戦(京セラドーム大阪)の始球式に登場。マウンド上でマイクを握り「このたびはお騒がせして申し訳ありませんでした」と異例の謝罪コメントを口にした。その瞬間、客席からドッと笑いが起きたことは言うまでもない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ