地球は悪魔とエイリアンで満ちていた!? この世のものとは思えない異形の生物8選

関連キーワード:

,

,

,

●パンダアリ(Panda Ant)

8crazylookingbeings6.JPGモフモフですが別名牛殺し!! 「Disclose.tv」の記事より

 一見するとそのフワフワした白黒の毛がパンダのように、そして小さな体がアリのように見えるパンダアリだが、彼らは全世界で約4230種が生息しているとされるアリバチの一種だ。

 1938年にチリで発見されてから、メキシコなど南米の砂漠地帯や砂利の多い地域で目撃されている。雄は翅を持ち、雌は無翅昆虫であるが共に腹部に針を持ち巨大な動物をも倒すことが可能であるため「牛殺し」という異名でも知られている。

●ミツクリザメ(Goblin Shark)

8crazylookingbeings7.JPG怖い! 怖すぎる!! 「Disclose.tv」の記事より

「悪魔のようなサメ」の名を持ち、強烈な見た目だが基本的に人には危害を加えないとされている。

 水深が1000m以上ある深海湾に生息することが多く、日本をはじめとする世界各地で目撃されている。このサメには1.25億年前のサメの特徴が残っており、生きる化石とも呼ばれているが、最大の特徴は通常スマートに見える口元ながら、獲物を捕らえる際に飛び出る顎だろう。

 運動能力が低く、獲物に追いつけないことから生き残るために顎が進化したのではと考えられている。他にも獲物を感知するセンサーが体内に備わっていることから生きる化石というよりは時代を先取り、最先端を行く深海魚と言っても過言ではないように思えてしまう。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ