EXILEらが所属するLDHが爆発寸前で内部分裂か?三代目JSBらが独立を画策?

関連キーワード:

,

,

,

,

EXILEらが所属するLDHが爆発寸前で内部分裂か?三代目JSBらが独立を画策?の画像1※イメージ画像:『Unfair World』(rhythm zone)

 ダンスやエンターテインメントだけではなく、演技などの分野にも活動領域を広げ、活躍しているEXILEやLDHに属するアーティストたち。最近はその中でも三代目 J Soul Brothersの人気が際立っている。

 だが、多岐にわたるジャンルで活動する彼らに対し、否定的な意見を持つものも多い。三代目 J Soul Brothersの業界内での評判はどうなっているのか。話を聞いた。

「たしかに今はEXILEよりも三代目 J Soul Brothersのほうが圧倒的な支持を得ています。あらゆる数字でもそれは示されており、業界内でもLDHのタレントの中では評価が高いですよ」(テレビ関係者)

 さらに、こんな声もあった。

「“チャラザイル”といわれることもあるようにチャラついたイメージが強いですが、LDHのメンバーですが、こと三代目 J Soul Brothersに関しては教育が行き届いているのか、礼儀正しい人が多い印象です」(音楽番組関係者)

 このように評判は上々のようだが、同時に彼らを心配する声もあった。

「あくまでも現段階では推測の域を超えませんが、今、LDHは内部分裂するんじゃないかといわれているんですよ。商業主義に走り、メンバーを俳優業などに進出させたいHIROさんと純粋にダンスを始め音楽を軸にしたパフォーマンスを提供したい三代目 J Soul Brothersなどの若手クラスとで意見が異なり、ぶつかり合っているそうです」(レコード会社関係者)

 たしかにEXILEらの評判の悪さの一端は、音楽やダンス以外の本業ではない俳優活動などに活躍の幅を広げたことにある。そうした活動に若手が反発しているそうだ。

「HIROさんの考えもわかります。ダンスパフォーマンスをメインとした音楽活動やライブ活動だけを続けていては、LDHとしての未来はありませんからね。そのため、個々のメンバーにはダンス以外の才能を見つけて開花させてほしいと願っているんです。ただ、それを押し付けられていると感じるメンバーもいます。中には、爆発寸前のストレスを抱えている人もいますよ」(同)

 経営者としては、活動の幅を広げて今後の収入源を確保したいのは理解できる。だが、その行為に対する理解が社内で完全には得られていないようだ。

「さらにいえば、無理に演技をさせられた上に評判が悪いわけですよね。やりたいことをやって批判されるなら納得できるでしょうが、やりたくないことをして批判されるので、本人としてはたまらないですよ。三代目 J Soul Brothersなどの若手はそこから遠ざかりたいと考えているので、いつか内部分裂を迎えるのではないかといわれているんです」(同)

 内部分裂など起これば事務所経営そのものに支障が生じるため、そこからの再起は厳しいはずだが、可能性はがないとは言い切れないようだ。

 さらに別の関係者からは、こんな話を聞くことができた。

「芸能活動以外にもダンススクールの運営など、商業メインの事業に加担させられている若手の中には、嫌がっているメンバーもいると聞きます。きちんと話し合って会社の方針を伝え、意識の共有を図る作業が必要なのでは?」(プロダクション関係者)

 芸能事務所である以上、商業主義は悪いことではなくHIROの経営構想はやはり理解できる。だが、社内のコンセンサスが取れていないというのが実情のようだ。

 果たして三代目 J Soul Brothersが独立するなどという最悪の展開はあるのか。そうならないように願うばかりだ。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

EXILEらが所属するLDHが爆発寸前で内部分裂か?三代目JSBらが独立を画策?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル