【近親相姦・大富豪】バイブに娘の皮膚と父親の精液が…! 実娘とW不倫した父親の愛欲泥沼ストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

「もうお父さんとは寝ない」

 自分をもてあそびながらも、都合が悪くなりそうな時は黙っていろとは何事だろう。リンダが反旗を翻した瞬間だ。リンダは、ブルースとの日々を次のように回想している。

「豪華な生活にまみれて、自分が不適切な関係を持っていることへの罪悪感がマヒしてしまいました。夫にも悲しい思いをさせましたし……」
 
 こういう時、ばれるものは芋づる式にばれるものである。リンダの夫であるサージェントはリンダの行動を怪しみ、旅行から帰ってきたばかりの彼女の鞄をチェック。そして中に入っていたバイブレーターを検査機関に送り、調査を依頼した。結果は黒。リンダの皮膚細胞と、ある男の精液が検出された。皮膚細胞と精液のDNA検査の結果、この精液はリンダの実の父親である確率99.9891%、妻の相手はブルースだということが判明した。


■泥沼の裁判劇

McMahan_5.jpgリンダ 画像は「The Village Voice」より引用

 それからというもの、ブルースは訴訟でてんてこ舞いとなった。まずは5番目の妻、エレナからの離婚訴訟。リンダとも訴訟が始まった。近親相姦の証拠が入った会社所有のリンダのパソコンを彼女から取り戻すため、パソコンの返還訴訟を起こした。これを拒否するリンダは、「給与の未払い」を根拠にブルースを訴える。確たる証拠を持つサージェントも負けじと、結婚生活を妨害した不法行為でブルースを訴えた。

 妻、娘、そして義理の息子から一斉に訴えられる事態に陥ったブルースも必死に応戦。特に近親相姦が世間に知られるとまずい。そのためリンダとサージェント、サージェントの父親を「ありもしない近親相姦をネタにゆすってくる」として恐喝罪で訴えた。

 泥沼化した訴訟はすぐにマスコミに嗅ぎつけられたが、ブルースはあの手この手で娘との事件をもみ消そうしたという。全米屈指の投資家が娘と寝ているなどと知られては困るのだ。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?