保証期間が切れた直後に壊れるタイマー付き製品は実在するか? 検証の結果が恐ろしすぎる…

関連キーワード:

,

,

,

,

保証期間が切れた直後に壊れるタイマー付き製品は実在するか? 検証の結果が恐ろしすぎる…の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 自宅で使っている電球型のLED電球が点滅を始めたと思ったら一昨日、点かなくなってしまった。パッケージには4万時間と書いてあったので毎日8時間点灯しても5000日、つまり13年間は持つはずだった。それが2年で寿命を迎えた

 この現象は日本中で報告されている。説明を聞くと、LEDの発光部分の寿命は4万時間はもつらしいのだが、根本にある基盤部分の回路が先に壊れる場合があって、点かなくなるのはそのような“事象”が起きた電球だということだ。

 それは本当に偶然なのだろうか?


■電球の寿命が「1000時間」の理由

 みなさんは従来型の白熱電球の寿命がなぜ1000時間だったのか、事情をご存じだろうか? そして「ポイボス・カルテル」という名前を聞いたことはあるだろうか?

 ポイボス・カルテルとは1924年に世界中の主要な電球メーカーが集まって決めた、電球の寿命に関する取り決めだ。「世界中で売られる電球は使用時間が1000時間を超えると壊れるように作られていないといけない」と言うことを決めて、厳密に管理した。

 その直前まで世界の電球市場では、消費者のニーズにこたえて長寿命の電球を開発し販売する競争が行われていた。しかしそのさなかに、すべての電気メーカーは気づいてしまったのだ。長寿命の電球を売っていると、電球の交換が起きないので会社は儲からなくなっていくと。

 戦後、カルテルの契約は終了したが、ポイボス・カルテルから電機メーカー各社が学んだビジネスモデルは、すべての家電分野に広く受け継がれることになる。それは電機メーカーの経営がうまくいくためには、家電は寿命が来て壊れる必要があるということだ。

■家電のチップ内にはタイマーが仕掛けられている

 昔、あるメーカーの商品に1年後に壊れるようにタイマーが入っているという都市伝説が流れたことがある。保証期間が終わったころに必ず壊れて、修理代が発生するというのだ。

 これは事実としてはタイマーが入っていたわけではない。このメーカーは他社よりもコンパクトに商品を設計するのがうまかった。だが、小さく作るとどうしても熱が内部にこもってしまい、1年使っていると“自然に”熱のダメージで回路の一部がダメになる。とはいえ結論は同じだ。アナログの時代、意図的ではなく、合理的に壊れる製品を作れば会社は儲かるのだ。

 ところがデジタルの時代が来て、この故障はより巧妙に引き起こせるようになった。本当に消費者にわからないようにチップの中に5年~7年ぐらいのタイマーをプログラムして、時間が来たら機器を止めるように設計している会社があるという話を業界人から聞くようになった。

 故障だけではない。互換製品を使えなくすることも容易になった。プリンタインクはチップで管理をしているので、以前のように他社が作った互換インクは最新機種では使えない。iPhoneの充電に使うライトニングケーブルの非公認商品を買うと、しばらくは使えるのだが途中でチップのコードが書き換えられて使えないようになってしまう。

さて、このような時代なのだが、そう考えると長寿命のはずのLED電球が根本の基盤の部分の故障で点かなくなってしまうのは偶然なのだろうか? なぜだか知らないが、4万時間点灯するとうたっている大手メーカーの電球には、どの会社もそれだけの保証期間を設定していないのは偶然なのだろうか。
(文=王山覚/グローバルコンサルティングファームに勤務するビジネスウォッチャー)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

保証期間が切れた直後に壊れるタイマー付き製品は実在するか? 検証の結果が恐ろしすぎる…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル