【家電の陰謀】保証期間が切れた直後に壊れるタイマー付き製品は実在するか? 検証の結果が恐ろしすぎる…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

,

,

,

,

ThinkstockPhotos-139243450.jpg画像は、Thinkstockより

■家電のチップ内にはタイマーが仕掛けられている

 昔、あるメーカーの商品に1年後に壊れるようにタイマーが入っているという都市伝説が流れたことがある。保証期間が終わったころに必ず壊れて、修理代が発生するというのだ。

 これは事実としてはタイマーが入っていたわけではない。このメーカーは他社よりもコンパクトに商品を設計するのがうまかった。だが、小さく作るとどうしても熱が内部にこもってしまい、1年使っていると“自然に”熱のダメージで回路の一部がダメになる。とはいえ結論は同じだ。アナログの時代、意図的ではなく、合理的に壊れる製品を作れば会社は儲かるのだ。

 ところがデジタルの時代が来て、この故障はより巧妙に引き起こせるようになった。本当に消費者にわからないようにチップの中に5年~7年ぐらいのタイマーをプログラムして、時間が来たら機器を止めるように設計している会社があるという話を業界人から聞くようになった。

 故障だけではない。互換製品を使えなくすることも容易になった。プリンタインクはチップで管理をしているので、以前のように他社が作った互換インクは最新機種では使えない。iPhoneの充電に使うライトニングケーブルの非公認商品を買うと、しばらくは使えるのだが途中でチップのコードが書き換えられて使えないようになってしまう。

さて、このような時代なのだが、そう考えると長寿命のはずのLED電球が根本の基盤の部分の故障で点かなくなってしまうのは偶然なのだろうか? なぜだか知らないが、4万時間点灯するとうたっている大手メーカーの電球には、どの会社もそれだけの保証期間を設定していないのは偶然なのだろうか。
(文=王山覚/グローバルコンサルティングファームに勤務するビジネスウォッチャー)

※王山覚のその他の記事はコチラ

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年2月20日 00:58 | 返信

パソコン中にNVARというプログラムを見つけてしまいました。2時間間隔でフアームウェアを書き換えていき新品なら3年くらいでハードエラーでるはず。2006年から全てのパソコンにはいっています。

7:匿名 2018年11月10日 16:20 | 返信

そういう回路やプログラムを設計している当人からのリークが無いのはおかしくないか?
いくら会社側が言論(秘密)投資しても漏れてくるもんだろ?
そっかのB-CASカードの情報のように。

しかも、家電メーカなんてのは一社じゃない。複数社あるってことは携わっている人もかなりの数になる。
全員を一箇所で管理しているわけでもないのだから、不正の情報は具体的証拠とともに漏れてくると思うぞ。
本当にあるのなら。

6:匿名 2016年7月12日 11:10 | 返信

鉛を含まない鉛フリーはんだを使用し始めてからです。
鉛は人体や環境によくないという事で、電子部品の接着には鉛フリーはんだが使われるようになりましたが、このせいで昔よりもかなりもろくなりました。
特に熱をもつような製品だと電源のオンオフで温度差が激しくなり、はんだクラックしやすくなります。
分かりやすい例では、プレイステーションのYLOD(yellow light of death)問題とその解決方法を調べてみると良いでしょう。

5:匿名 2016年7月10日 04:09 | 返信

似たような話だけど初めから高性能はスマホ出したら次のネタがなくなってしまうもんな
新製品も段階的に計画的に作られてる

4:匿名 2016年7月10日 01:51 | 返信

うちの
冷蔵庫は91年製(25歳)
炊飯器は90年製(26歳)
レンジは82年製(34歳)
よくもつわ。
現代の家電の寿命がそんなに短いとは知らなかった。
今使ってるやつをずっと大事に使うわ。

3:匿名 2016年7月9日 21:10 | 返信

電球とか蛍光灯などの消耗品は逆に利用期間をきっちり明記して
その期間を過ぎたら交換してくださいと明言するべきだと思う。

取り替えようと思ったらそのタイプは売ってなかったというのは
現代文明の悲喜劇だよね。

どちらにしろ、大量生産大量消費を続けていく以上
低コストで長寿命だと次の改良品が作れないというのも事実だし。

この辺はもうちょっと学校でも時間をとって
議論しておいてほしいところなんだよな、
将来、日本をどういう社会にしたいかというのをからめてね。

2:匿名 2016年7月9日 05:51 | 返信

使う側からするとそんな考え持ちたいんだろうが、メーカからすると修理部門を用意するのは一番金がかかることだってことも分かって欲しい。つまり、わざと壊れるように作るなんてことに時間と金をかけるなんてことはしていない。修理が不要な製品にしたいがそんなことをしたら修理以前に新品を買ってもらえないような値段になっちゃう。事実、「切れない電球」ってのがあるのをご存知だろうか?簡単には交換ができないような、例えば3階吹き抜けの天井灯とか、ところに使う電球は普通の6、7倍の値段するけど寿命は10倍以上。結局お得なんだけど、なにせ高いので普通の人は手を出さない。
じゃぁ、誰が悪いんだ?ってことになるんだが、それは、ただ売値だけを安くしてそれ以上に品質を下げてしまっている製品を売っているメーカーってことになる。典型的なのが日本製品のコピー商品を出している中国の無名メーカー。真面目なコピーならまだ許せる余地もあるが、あいつらはぱっと見だけに力を注いでコピーするから始末が悪い。

1:匿名 2016年7月8日 21:30 | 返信

学生時代に使っていた、某携帯カセットプレーヤーは、一年過ぎると、必ず故障していたねw
ソニータイマーはあると思いますw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。