AKB48グループが遂に本格的“恋愛解禁”へ?関係者語る指原莉乃の“根回し・圧力”が完璧すぎて恐ろしい

関連キーワード:

,

 AKB48グループは、本格的に“恋愛解禁”したようだ。ここ2~3年で、人気メンバーのスキャンダルが連発したことで「恋愛禁止条例」は形骸化。そしてこの6月に開催された「第8回選抜総選挙」でHKT48指原莉乃が断トツのトップに立ったことが、「恋愛禁止条例」を守り続けてきたわずかなメンバー達にトドメを刺してしまった。多くのレギュラー番組を持ち、出演する度に赤裸々な恋愛トークやスキャンダルネタで笑いを取る指原の姿は、“恋愛解禁”の象徴になっているのだという。

「2年前、昨年九州ローカルで放送された『HKT48のごぼてん!』で、指原がHKT48宮脇咲良とトークしています。清純派の宮脇が『AKB48グループって、恋愛禁止じゃないですか』と確認すると、指原が『恋愛禁止なのかな?本当?』ととぼけた。指原からの“圧”を感じとった宮脇は、『恋愛禁止です…。た、多分』と弱々しく返事した。そして、この5月に放送された『行列のできる法律相談所』では、指原が『週刊誌の盗撮が怖い』と発言。東野幸治から『恋愛禁止なんだから、恋愛しなければいいだけの話やん』と指摘されると、『それは、ムリ!』と即答した。こういったやりとりが代表的です。ざっくり言うと『恋愛禁止をうたっていても、実際に恋愛禁止なわけがない』という指原の言い分は確かに正論なのですが、一生懸命夢を見て応援しているファンや、それに全力で応えようとしているまじめなメンバーたちにとっては、身もフタもないですよね」(AKS関係者)

 指原は元々、AKB48加入後にファンと交際していたことが発覚したスキャンダルが原因で、HKT48に移籍したという経緯がある。そんなスキャンダルメンバーが史上初の総選挙連覇を達成し、他のメンバーたちのモチベーションは落ちるばかりだという。若手メンバー達が「まじめに頑張っても、意味がない」と思っても、無理はなさそうだ。

「指原が二度目の総選挙1位になった去年から、若手メンバーの男遊びが顕著になって来ました。週刊誌で取り上げられてないだけで、某男性アイドルグループとの合コンは日常茶飯事。そもそも最近の若手にはプロ意識の低いメンバーが多いのですが、よき見本となるべき総選挙1位が、男性タレントと連絡先を交換しまくり、日夜開催される飲み会に参加しているのですから。なおさら悪影響を受けて、グループ全体の男関係はユルユルになってしまいました。プロ意識が高くプライベートで問題がなかった数少ない優等生メンバーにも、この理不尽な状況を見て、限界が来ているようです。この2月、元SKE48の小木曽汐莉の挙式披露宴があったのですが、出席したあるメンバーは『結婚っていいなあ。今までずっとまじめに純潔を守ってきたけど、それもAKBじゃ損するだけだし、彼氏作ったほうがいいのかなあ…』とボヤいていましたよ」(前出・AKS関係者)

 AKB48の凋落が囁かれるようになり、「他のアイドルにファンがどんどん流れている」と言われるようになった一因は、グループ全体の清楚さが著しく落ち込んでいることなのかもしれない。裏を返せば、AKB48グループの代表としてメディアに出る指原の影響力がそれだけあるということだ。人気メンバーやAKBのOGを抱える芸能プロダクションの関係者は、こう指原を擁護する。

「指原のやっていることは、結果的には正しいんですよ。年頃の女の子だったら、恋愛の一つや二つは経験するのが当然。男遊びをすれば、トークに幅も広がりますし、『アイドルは恋愛禁止』なんて、今はもう予定調和でツマらないですからね。アイドルだけど、下ネタも恋愛トークもできる方がテレビ的にウケるのは当然ですから。そのポジションに気付いて、うまく権力者を押さえて、一人勝ちを果たした指原は立派としか言いようがないですよ。恋愛をする勇気もないまじめぶっている他のメンバーさんたちも、少しは指原を見習った方がいいんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)

「恋愛禁止条例」は時代遅れ。指原の大号令のもと、AKB48グループに新たな風が吹いている。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

AKB48グループが遂に本格的“恋愛解禁”へ?関係者語る指原莉乃の“根回し・圧力”が完璧すぎて恐ろしいのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル