「ツメ噛み」「指しゃぶり」を叱るのは間違い! 実は免疫力をつけるための行為だった!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 子を持つ親なら、我が子に悪いクセがあれば、一刻も早く止めさせたいとやっきになるだろう。特に、指しゃぶりについては、3歳~6歳児が精神的な安心感を得たくてしてしまうことはわかっているが、人目にもつきやすく、しつけウンヌン言われそうで親としても気が気ではない。だが、最新の研究で、これら一見悪癖に見えるクセには、意外な“効能”が隠されていることがわかった。


■ツメ噛み、指しゃぶりのクセはアレルギー疾患リスクを下げる

 19世紀、人々は今よりずっと衛生状態が悪い環境で暮らしていた。にもかかわらず、現代人のほうがアレルギー疾患にかかりやすいのはなぜか? この疑問に対して、ニュージーランド・オタゴ大学のボブ・ハンコックス准教授率いる研究チームは「日常生活の中で、病原体などに接触する機会が減ったためではないか」という仮説を打ち出し、検証を試みた。

 英紙「Daily Mail」(7月11日付)によると、1990年代はじめ、ニュージーランドに住む1972年~73年生まれの1,037人を対象に、「ツメ噛み等の不衛生な習慣によって、アレルギー発症は減るのか」という健康調査を行った。彼らを5歳~32歳まで追跡調査し、13歳と32歳のときにはアレルギーの有無を調べるために「プリックテスト」(皮膚にアレルギー原因物質を置いて、その部分に針で微小な傷をつける)を実施した。

 すると、どちらの年齢のときにも「1つ以上アレルギーがある人」は全体の49%いた。しかし、子どもの頃にツメ噛み、指しゃぶりのいずれかクセがあった人のアレルギー罹患率は38%に留まり、両方のクセがあった人では32%まで下がる結果となった。

nailbitingkids1.JPGDaily Mail」の記事より
人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ