「ツメ噛み」「指しゃぶり」を叱るのは間違い! 実は免疫力をつけるための行為だった!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

■ツメの下のバクテリアを摂取し免疫力が高まる

nailbitingkids2.JPGCNN」の記事より

 ハンコックス准教授は、この結果を小児科専門誌「Journal Pediatrics」に“衛生仮説”を裏付けるものとして発表している。この衛生仮説とは、乳幼児期の衛生環境がその人の免疫系発達に影響を及ぼし、その後アレルギーになりやすいかどうかを決めるというもの。

 具体的に言えば、微生物にさらされることで体内の免疫力が高まり、アレルギーの形成リスクが抑えられることで、子どもたちが自分のツメの下で生きているバクテリアを、ツメ噛みや指しゃぶりで口から摂取するケースがあてはまる。

 しかし、この発表によって世の中の認識がいっぺんに変わるというものでもないだろう。研究に参加した医学生のステファニー・リンチさんも「だからといって、子どもたちに『どんどん指をしゃぶれ、ツメを噛め!』って激励するわけじゃありませんから」と話している。また、ぜんそくや花粉症の発症阻止には効果がなく、永久歯が生える頃までツメを噛んでいると、出っ歯になりやすいため注意が必要だ。

 とはいえ、少なくともこの発見は子どものツメ噛み、指しゃぶりで悩んでいるママたちにとっては福音となるのではないだろうか。
(文=佐藤Kay)

参考:「Daily Mail」、「CNN」ほか

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ