【仏トラックテロ・閲覧注意】一面に広がる血の海…! 80人以上が「ボウリングのピンのように飛んだ」事件直後の地獄絵図

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【仏トラックテロ・閲覧注意】一面に広がる血の海…! 80人以上が「ボウリングのピンのように飛んだ」事件直後の地獄絵図の画像1画像は、「Daily Mail」より

 昨年11月に発生したパリの同時多発テロが記憶に新しいフランスで、またしても悲劇が起きてしまった。今月14日の夜、革命記念日の花火を見物していた大勢の人々の中に大型トラックが突っ込み、80人以上が死亡、100人以上が負傷するという痛ましいテロ事件が発生した。

 事件が起きたのは、フランス南部のリゾート地・ニースの遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」。地元当局によると、トラックは猛スピードで100メートルほど走行し、多くの群衆を轢いたという。駆けつけた警察によって犯人は射殺されたが、当局は、今後も武装攻撃のおそれがあるため、市民には自宅に待機するよう求めているという。

 同国のオランド大統領は15日にテレビ演説を行い、「テロの可能性を否定できない。革命記念日という自由の象徴である日にフランスが攻撃を受けてしまった」と話し、パリ同時多発テロから続いている非常事態宣言を3カ月間延長することを発表した。


■犯人と犯行声明

【仏トラックテロ・閲覧注意】一面に広がる血の海…! 80人以上が「ボウリングのピンのように飛んだ」事件直後の地獄絵図の画像2画像は、「Daily Mail」より

 オランド大統領は「テロの可能性を否定できない」と発言したが、同国のバルス首相はツイッターで「テロ攻撃を受けた」と断言。地元メディアによると、凶器となったトラックからは、チュニジア出身の男(31歳)の身分証が発見されたという。しかし、今のところ犯行声明は出されていない。

 さらに、目撃者からは「犯人が発砲していた」との証言もあるうえ、車内には銃以外に爆発物や手投げ弾も見つかったという。また、犠牲者たちは「まるでボウリングのピンのように空を飛んだ」との目撃証言もある。

■悲惨な事故後の様子

【仏トラックテロ・閲覧注意】一面に広がる血の海…! 80人以上が「ボウリングのピンのように飛んだ」事件直後の地獄絵図の画像3画像は、「Daily Mail」より

 そして、この悲惨な事件直後の様子を捉えた映像が「LiveLeak」にアップされた。大勢の人が倒れ込み、悲鳴が止まず、パニックに陥る人々を見ていると、いかに壮絶な現場だったかがわかる。

 今から約230年前、フランス革命の発端となった“バスティーユ監獄襲撃”を記念して定められたフランスの革命記念日。現在もフランスでは重要な祝日に位置づけられ、軍事パレードが行われる。国連安全保障理事会は今回の事件について、「卑劣で野蛮なテロ攻撃」とし、「最も強い言葉で非難する」との報道声明を出した。犯人の情報と目的の究明が急がれる。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

【仏トラックテロ・閲覧注意】一面に広がる血の海…! 80人以上が「ボウリングのピンのように飛んだ」事件直後の地獄絵図のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル