【27時間】批判噴出の“電話出演”はデキレース!? ベッキーがさんま&中居の元に駆け込んだワケ

関連キーワード:

,

,

【27時間】批判噴出の電話出演はデキレース!? ベッキーがさんま&中居の元に駆け込んだワケの画像1※画像:ベッキー

 言うまでもなくデキレースだ。「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫騒動でイメージ失墜したベッキーが24日未明に放送されたフジテレビ系「FNS27時間テレビフェスティバル!」の名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」に電話出演した。

 明石家さんまが「自分に好意を持っていそうな」女性をランキング形式にしてトークする「ラブメイト2016」で、10位にベッキーを推挙。SMAP・中居正広がスタッフに「連絡つくかな?」と尋ね、さんまと議論している最中にベッキー本人から電話があった。「お久しぶりです。見てたんですよ」と言うベッキーに、中居は「よく電話してくれたね。ありがとう」と感謝。さんまが「ベッキー、今フリー(恋人はいない)やろ?」「いろいろ懲りたよね?」と問い正し、ベッキーがひと呼吸置いて「懲りた~!」と返すと、スタジオは爆笑に包まれた。

 テレビ関係者は「事前の打ち合わせ通り。復帰宣言後も仕事がなかなか決まらない彼女のことを心配した中居さんが、放送前にさんまさんに相談したことがきっかけのようです。ラブメイトの10位もこじつけ(笑)。すべては2人の親心ですよ」と明かす。

 粋な計らいにベッキーも感謝しきりのようで、放送後に更新したインスタグラムでは「あーーー ドキドキしました。あーーーーーーー なんだかふしぎなきもち!笑 なんだろうこれ」と大興奮。「ただただ感謝です。さんまさん 中居さん スタッフのみなさん ありがとうございました」と感謝の気持ちを綴った。

 ネット上では今もアンチが多く、この日の電話出演ですら「なんで出すんだよ」「つまらない」などと批判が噴出。

 テレビ関係者は「実際、現状はいまも厳しく、戻ることができたのはBSの音楽番組のみ。今後復帰が見込めそうなのは中居さんの『金曜のスマイルたちへ』(TBS)と、現在調整中と言われる『人生のパイセンTV』(フジ)くらいのものです。日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』と『天才!志村どうぶつ園』はスポンサーへの配慮もあり、降板となる可能性が高い」と話す。

 ただ、今回さんまと中居の大物2人を味方に付けたことは大きい。番組で中居は「やっぱりバラエティの人がね、僕らがね…」とつぶやき、さんまも「俺らが助けたらんとね」と同調した。

 芸能プロ幹部の話。「あの2人は芸能界でも特別。それはジャニーズと吉本興業という大手プロダクション所属というわけではなく、2人は共通してテレビマンから絶大な支持を受けている。テレビ局の上層部や業界のパワーバランスにとらわれず、2人が『やるぞ!』と言えば、付いてくるスタッフはごまんといる。中居さんなら『金スマ』以外に『ナカイの窓』(日テレ)、さんまさんなら日テレの『踊る!さんま御殿!!』や『さんまのまんま』(関西テレビ)に、今後ベッキーさんを呼ぶ可能性は高い。その口実が27時間テレビで出来たわけですから」。

 デキレースと言われようとも、ベッキーが2人の元に駆け込んだのは正解だったようだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【27時間】批判噴出の“電話出演”はデキレース!? ベッキーがさんま&中居の元に駆け込んだワケのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル