【閲覧注意】12歳になれば即レイプ、市長は児童ポルノで逮捕…! 少女たちの“性地獄”、絶海の孤島「ピトケアン島」の深すぎる闇

Pitcairn_2.jpgピトケアン島 画像は、「RNZ」より引用

 今年3月、ニュージーランドと南米の中間に位置する南太平洋の小さな島、イギリス領ピトケアン島の元市長が、児童ポルノを所持したとして有罪判決を受けた。元市長は、1,000以上もの少女たちのポルノ画像や動画を所持しており、中には6歳の幼女の画像もあったという。2008~13年まで市長を務めていたこの男が、児童ポルノを収集し始めたのは、島にインターネットが導入された2004年から。市長時代、彼は「島の風習である少女との性交渉」を断ち切ろうと活動しており、逮捕時「少女との性交渉がどういうものかを学ぶためにダウンロードした」と主張。しかし、15歳の少女とセックス・チャットをしていた履歴が発見され、趣味で集めていたことを自白した。

 ピトケアン島はイギリス連邦に属し、政治的にはニュージランドとの結びつきが強い(島の総督はニュージーランドから派遣される高等弁務官)。そのため、元市長の裁判はニュージーランドで行われた。児童ポルノの取り締まりが厳しいアメリカならば禁錮10年以上は固いが、元市長に科せられた懲役は、わずか禁錮20カ月。なぜこれほど短いのかというと、元市長は87歳の年老いた母親と2人暮らしであり、島民50人にも満たない小さな島では、この母親を長期間サポートできる人が誰もいなかったため。そして何よりも、この島の風習として受け継がれてきた“少女との性交渉”が深く関係している。

 そう、この島では長年にわたり「少女は12歳になったら男性と性交渉を持ち、15~16歳までに第一子を出産する」のが”普通”だったのだ――。


■ピトケアン島の奇妙な歴史

Pitcairn.jpg航海士たちに追い出された船長 画像は、「Wikipedia」より引用

 ピトケアン島に人が住むようになったのは、1789年に起こった「バウンティ号の反乱」がきっかけである。この反乱は、「奴隷の食料である植物をタヒチから南インド諸島まで運んでいたイギリス海軍バウンティ号で、横暴な船長に対して航海士たちが反発した」という事件。反乱者たちはタヒチ人を乗せたままピトケアン島へと流れ着き、船を解体して小屋を作り、自給自足の生活を始めたのだ。その後、反乱者同士や、タヒチ人との間で争いが勃発したが、子孫が途切れることはなかった。2016年7月の現時点で、42人が島に住んでいる。

 反乱者の最後の生存者がキリスト教信者だったため、現在の島民たちはキリスト教を信仰しており、基本的に平和主義者である。周りの島々は無人島で、ニュージーランドからも遠く離れているため、時々やってくる貨物船などに物資を運んできてもらう。船に乗って観光客が来ることもあるが、そもそも観光地ではないため数は少ない。イギリスからやって来た教師や社会福祉事業担当指導員らが滞在することもあるが、外部との接触は極めて少ない。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?