もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる?学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

【電気通信大学教授・早川正士氏】
 電気通信大学教授の早川正士氏が所長を務める「地震解析ラボ」では、電磁気現象を観測することにより地震予測を行っている。その最新予測を見ても、関東近海の太平洋沖を警戒エリアの一つとしている。

【埼玉大学名誉教授・角田史雄氏】
 埼玉大学名誉教授である角田史雄氏は、従来のプレートテクトニクス理論に疑問を抱き、独自の「熱移送理論」によって長期的な地震予測を行っている。その理論によると、熱エネルギーによって地下の岩層が誇張して割れることにより、地震が発生するという。今月、角田氏は熊本地震の発生を受けて『次の「震度7」はどこか!』(PHP研究所)を緊急出版した。角田氏は以前より、「2017年から2018年にかけて、伊豆・相模地域で大規模な直下型地震が発生する」と警告を発している。

【国際地震予知研究会(IAEP)】
 NPO法人「国際地震予知研究会(IAEP)」のメンバーである「麒麟地震研究所」は、巨大地震の前兆反応を観測している。伊豆諸島と場所は異なるが、東北沖で「アウターライズ巨大地震」(震源が陸地から離れているため、大津波を引き起こす恐れがある正断層地震)の反応が長期間にわたって現れているようだ。これは、すでに4年近く続いている現象であり、異常データが収束するタイミングで巨大地震が発生する可能性が高いという。津波が発生した場合の被害が懸念されるところだ。

【琉球大学名誉教授・木村政昭氏】
 これまで阪神・淡路大震災や東日本大震災など数多くの地震や噴火を予測・的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授には、過去に筆者がインタビューを行った。ここでも強調していたが、今後もっとも警戒すべき地震として、2012±5年にM8.5の「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」を予測している。2017年までということなので、もはやいつ起きてもおかしくないということだろう。木村氏の最新予測については、氏のホームページを参照いただこう。


 以上、このような伊豆大島近海での群小地震やクジラの出現は、果たして木村氏らが予測する超巨大地震の前兆なのだろうか。予言のたぐいとは異なり、これだけ多くの研究者たちが揃って同じ地域の地震を予測しているのだから、信ぴょう性は高いといえるかもしれない。東京湾に大津波が押し寄せてくる可能性も含めて、十分に警戒したいところだ。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

※百瀬氏が執筆したコンビニムック『2016予言 驚異のシナリオ』(ダイアプレス)、大好評発売中!

百瀬直也の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

もうすぐ「伊豆諸島沖スーパー巨大地震」がくる?学者・研究機関が同一地域の地震発生を警告!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル