奇習!二度と戻れない、京都の“嫁捨て山”の実態 ― 捨てられた女はレイプされ…

関連キーワード:

,

,

,

 島田さんの話や、彼と同郷の人々から得た証言をまとめてみると、その「山の男たち」というのは、サンカと同じような生活様式をとっていた人々の一部ではないかと推測される。だが、そうした“歴史から隠された人々”によって拾われてしまった以上、彼女たちが再び里へと戻ってくることは、おそらくなかっただろう。


「今じゃ嫁を山に捨てるどころか、男の方が捨てられる時代になりましたから、今の人たちからすると、御伽噺のようなものなんでしょうけどね…」


 最後に「嫁捨て」が行われてから既に60年以上の時が流れているという今、到底、その詳細な部分について知る術はない。願わくば島田さんの推測がはずれ、彼女たち別の人間として、しあわせに暮らしていることを、我々は願うばかりだ。
(取材・文=戸叶和男)

戸叶和男の記事一覧はコチラ

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ