首絞め、引っ叩き…虐待の衝動にもがき苦しむ介護士「自分が怖い。逮捕されるかもしれない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

「そういう毎日を過ごしてるとね、“そろそろこの人、死なないかなあ”とか普通に思っちゃうんですよ。でも意外と長生きするじゃないですか。そうなるとだんだんストレスが酷くなってきて、頭がおかしくなっちゃう。だからふと気づくとね、寝ている入所者の首を絞めちゃってたりとか、点滴の速度を速めちゃったりとか、そういうことをやってしまうんです」

 佐藤さんによると、こうした行為をある種、“無意識”にやってしまうほどに追い込まれてしまう介護士は少なくないそうで、彼女の場合も、日々、そうした行為への“誘惑”を振り払うために躍起になっているという。

「なんかそういうことをやってしまいそうになると、“あ、危ないな…”ってどこかで思うんです。けど、夜中にトイレに起きたときみたいに、ふらーっと、なんかやってしまいそうになる。だからそれを一生懸命集中して回避する、みたいな。なんかそういうことを一日のうちに何度も感じて、自分で自分が怖くなってくるんです」

 そうした精神的なコントロールによって、何度も致命傷を回避したとはいえ、それでも先述したように、彼女は“プチ虐待”とも言える行為を、日常的に繰り返している。

「ちょっとつねるとか、叩くっていうのは、正直、もうしょうがないって思うんですよ。だってそれもできなくなってしまったら、もっと酷いことをしてしまうでしょうから。でも、いつか本当にもっと酷いことをしてしまって、自分が逮捕されるんじゃないか? って思うと、もう本当に毎日が不安でしょうがないんです」

 自分が高齢者を虐待によって殺害してしまい、逮捕される日を夢にみて、何度も何度も真夜中に目が覚めることも少なくないという佐藤さん。果たして彼女が今後、心穏やかに職務をまっとうできる日は訪れるのだろうか。
(文=仲門佳奈)

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年1月30日 23:58 | 返信

どんな言い訳をしようと、お金を頂いているお客様に対して手をかけることは間違っている。
ストレスはお客様に向けるのではなく、経営者や国などへむけるべきである。そのためには、組合を作ったり、介護福祉士なら介護福祉士会に入りこの力を集め現状改善していくべきではないでしょうか。
この業界の一番の間違いは、それぞれの施設のランクがはっきりしておらず、過剰なサービスが行われていること。宿泊所で考えると簡易宿泊所から超一流高級ホテルまで様々な宿泊所があるが、宿泊料金に比例してサービスや部屋などのレベルも変わってくる。しかし、介護業界ではその位置付けがはっきりしておらず、簡易宿泊所の料金で中堅旅館や高級ホテル並みのサービスを行っているためそのしわ寄せが職員に回ってきていると思います。

 久坂部羊さんの介護士Kという本おすすめです!

3:匿名 2016年8月29日 20:25 | 返信

介護をやっています。
確かにムカつくことあります。
認知症だとか病気だとかわかっていても。
でもプチ虐待なんて可愛く書かないでください、みんながそうだと思って欲しくない。

この方は勤務が過酷だからとか言ってますけど、それは入居者には関係ありませんよね?
介護業界はなんだかんだでしっかりした体制を取っている施設も多く存在しています。
そして学歴など関係ないのです。
探す努力をしましたか?と問いたいです。

しかしながら、初めに書いたようにムカつく気持ちもわかります。
顔に表さず、心では死ねばいいなんて思うこともあるのです。
しかし、介護職員の虐待としてメディアで流れる断片的な映像で判断されたくありません。
その入居者、そして家族からのあらゆるハラスメントに我々は対抗することは許されず、その結果大変な事件にいたる部分も理解できるのです。

皆紙一重のところで歯を食いしばって耐えています。
そこをわかってほしいという記事でしょうが、この記事の方はもう行ってはいけないところまで行ってます。
手を出すもっと手前で耐えている人間のほうが圧倒的多数です。
そこに自覚がないこと、感覚の麻痺を起こしてしまっていることが心配でなりません。

2:匿名 2016年8月3日 20:49 | 返信

身内でも嫌なのに他人なんか尚更だよなぁ。

1:匿名 2016年8月3日 11:48 | 返信

マジで難しい問題ですね。
老人介護、精神疾患介護、保育園等々。
過酷な労働なのは皆わかってますが、法整備が進まないとダメですね。
介護職は少なくとも年収600万~800万まで引き上げた方が良いと思ってますが、
その為には税金投入するしかありません。
準公務員的な扱いで。
後、一人の職員が担当する妥当な人数を決め、人数を増やし負荷分散する。
解決方法はこれしかありません。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。