菅田将暉の急激すぎる見た目の変化に関係者衝撃! 事務所は「心配している」、いったい何が…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
SudaMasaki.jpg画像は「菅田将暉 | TOP COAT」より引用

 auのCM「三太郎シリーズ」の“鬼ちゃん”役でも人気の俳優・菅田将暉。すでに2017年までの出演映画が大量に決まっていて、そのうち4つでは主演を務める。「今もっとも主演オファーが多い若手俳優」との声もあるが、その一方で、CMやバラエティなどどんな仕事でもこなせる柔軟派。そのため、業界内でも重宝される存在だが、そんな菅田に最近“ある急激な変化”が起き、関係者を驚かせているという。

「菅田くんといえば、爽やか男子が集う『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の出身。さらに、イケメン俳優の登竜門とも言われる平成仮面ライダーシリーズの第11作目『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)でシリーズ最年少主演を飾るなど、デビュー当初はとにかく“イマドキの男の子”の印象が強かった。そしてそのイメージ通り、体はヒョロヒョロで肌は真っ白と、ルックスは完全なもやしっ子。でも、そういう体型だからこそ、本人が好む奇抜なファッションもしっかり着こなせていて、誰もが目を奪われる存在でした」(芸能記者)

 ところが、菅田と久々に会ったというテレビ局関係者は、「そのイメージが覆された」と語る。

「線が細い男の子だったはずの菅田くんが、突然マッチョになっていたんです。その変わり様は本当に衝撃的で、すぐに周りのスタッフに聞いてみたところ、彼は来年公開予定の映画『あゝ、荒野』の役作りのために肉体改造中なんだとか。実は、菅田くんは格闘漫画が大好きで、中でも漫画家・板垣恵介氏原作の『グラップラー刃牙』(秋田書店)シリーズの大ファン。そのため、菅田にとって格闘家役でのオファーは念願だったらしく、肉体改造にもマジになってしまっているそうなんです」

SudaMasaki_2.jpg画像は「菅田将暉 公式ツイッター」より引用

 筋肉質な体で男らしい菅田を見てみたい気もするが、「事務所は心配している」(同)とも。

「菅田の持ち味は、華奢な体型から醸し出される独特な雰囲気。でも、顔立ちは濃い目なので、もともと男っぽさはあった。今まではそのバランスがうまくとれていたものの、ボディまで雄々しくなってしまっては、かなり男臭くなる……。事務所は、そのことで従来のファンが離れていかないかドキドキしているようです」(同)

 しかし、菅田は2014年の映画『海月姫』で女装姿を披露するため、当時10kg以上の減量を行ったほど、役作りに対してストイック。今は来年の映画のためにマッチョになっていても、また別の作品では“新たな菅田将暉”を見せてくれることを楽しみにしたい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。