都知事選敗北の責任を入院中の谷垣に押し付け! 石原伸晃の絵に描いたような“無責任アホボン”言行録

関連キーワード:

 そして、最大の問題はこんな人物を安倍首相がずっと重用してきたということだろう。前述したように、第二次安倍内閣で環境相、原子力担当大臣に起用したばかりか、「最後は金目でしょ」という重大な問題発言をしても辞任させず、甘利明の辞任に伴って、再び、経済再生相という重要ポストに抜擢した。

 しかも、今回の内閣改造で、都知事選の大失態があったにもかかわらず、安倍首相はこの無責任男を留任させてしまったのである。

 これはもちろん、伸晃が安倍首相の“お友だち”だからだ。今回の内閣改造では、経産相に安倍首相の腹心である世耕弘成を、大のお気に入りである稲田朋美を防衛相に抜擢するなど、露骨なまでの“お友だち内閣”化が進んでいる。伸晃の留任もその一環ということだろう。

 メディアもグルになった状態の現政権下では、いくら大臣が暴言を言い放ったり、破廉恥スキャンダルがもちあがったりしても、辞任に追い込まれることはない。伸晃のような無責任な人間が平気で重要閣僚として居座ることができる。しかし、そのツケは必ず、近い将来、私たち国民に回ってくるだろう。
(田部祥太)

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。