大泉洋は神経質、竹内結子は? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!

 視聴率好調のNHK大河ドラマ『真田丸』に、別の楽しみ方があると業界内で話題を呼んでいる。

 脚本を担当した三谷幸喜は、業界では“クドカン”こと宮藤官九郎と並ぶ「当て書きのスペシャリスト」だ。当て書きとは、演劇や映画などでその役を演じる俳優をあらかじめ決めてから、脚本を書くことを指している。

 宮藤官九郎の場合、NHKの朝ドラ『あまちゃん』で主人公・アキ(のん、本名・能年玲奈)の母・春子役を演じたのは小泉今日子だが、「役というより、完全にプライベートの小泉今日子そのものだった」(ドラマ関係者)とまで評されていた。

 三谷の場合も同様で、『真田丸』では業界関係者も思わず唸る洞察力を見せている。例えば、主人公・真田信繁(堺雅人)の兄・信幸を演じる大泉洋。『水曜どうでしょう』(HTB)の影響もあり、大泉にコミカルなイメージを持つ人も多いだろうが、『真田丸』の信幸はお家のために神経をすり減らす“気遣い人間”と言っていい。

「実は“素”の大泉さんがまさに、信幸そのものなのです。バラエティー番組ではお笑い芸人化し、映画の舞台挨拶ならマスコミが取り上げやすいようなキャッチーなワードを散りばめる。これは事前シミュレートの賜物。インタビュー取材では細かく原稿チェックを行い、作品や自分がどう映るか徹底的に考え抜く人なんです」(出版関係者)。

 また、竹内結子演じる豊臣秀吉(小日向文夫)の側室・茶々も絶妙な塩梅だ。小悪魔的な振る舞いで、信繁を翻弄したかと思えば、時に狂気が垣間見える瞬間も……。先月31日の放送回では、盛大な宴の最中、足腰の弱った秀吉に対し、息子の秀頼が、「久しぶりに花咲かじいさんが見たい」とお願い。秀頼を溺愛する秀吉はノリノリで木に登り始めたが、足元のおぼつかない秀吉は案の定落下し、さらに容態が悪化した。

 だが、実は秀頼に花咲かじいさんをリクエストするよう仕向けたのは茶々。この時、豊臣家の後継者となる男児は秀頼しかいなかったものの、秀吉にはほかにも側室がおり、時間が経てばほかに男児が誕生する可能性もある。我が子を世継ぎとすべく、秀吉が子作りできなくなるほど弱らせるため、木から落下するのを見越し、行動に移ったのかもしれない――。そんな腹黒さも垣間見せる茶々と、好感度女優の竹内では似ても似つかない気もするが……。

 業界関係者は「いやいや、業界では『三谷さんは天才だ』という声が続出していますよ。茶々ほどではありませんが、竹内さんには何とも言い難い“裏”がある。中村獅童さんと離婚した際も、原因は彼の浮気でしたが、一部では『結婚生活に疲れ、他の女のところに逃げ込んだ』と獅童をフォローする声も上がっていた。具体的な夫婦トラブルも聞いたが、事実ならば現実逃避したくなるのもわかる。ある大手プロの社長は、竹内がブレイクした理由について聞かれ、『腹黒いからに決まっているだろ!』と即答していた」と明かす。

『真田丸』の役どころは、テレビでは決して見ることのできない俳優の真の姿を映し出す鏡と言っていいのかもしれない。

大泉洋は神経質、竹内結子は? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで