Qちゃんだけじゃない! カジノ狂いで有名な6人の大物芸能人「某大使館で…」

関連キーワード:

,

,

,

 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの「Qちゃん」こと高橋尚子の“パチンコ狂い”が「女性自身」(光文社)で報じられた。同誌によると、千葉市内にあるMという店で、食事も取らず11時間以上パチンコに興じ、大当たり55回を引き、ドル箱の山を築いていたという。後日、同誌記者が直撃すると、高橋は「あくまで息抜き」と依存性については否定。だが、関係者によると「彼女が心配していたのはタレントとしてのイメージダウンではなく、記事が出ることで、ゲンの良い『M』に通えなくなることだった」というからわからない。

 実は芸能界では高橋クラスのギャンブル狂いが数多くいる。なかでも規格外なのは、AKB48の生みの親である秋元康だろう。

「カジノが大好きで、海外に行けば、夜通し勝負しています。ただ、ビジネスでは連戦連勝の秋元さんですが、マカオのカジノでは1日に億単位負けたこともあるそうです。まぁ、それも彼にしてみれば“はした金”なのでしょうけど…」(芸能関係者)

 ひと晩で億超えの勝負ができるのは、芸能界でも秋元氏だけだろう。また、同じくカジノ好きなのが、お笑い芸人の千原ジュニアだ。

 常に青白い顔をしたジュニアが顔を真っ赤にして燃えるシーンは想像もつかないが、スポーツ紙記者いわく「10年以上前から賭け事にハマっています。ただ、彼の場合は“際どい店”への出入りもウワサされており、一時期、社会部の記者が周辺を洗っていました」というから注意が必要だ。

 競馬好きの芸能人も多い。歌舞伎俳優の市川海老蔵はスポーツ新聞やブログで予想を披露するほど。GIレースともなれば投資額は青天井で、過去にはこんな出来事もあったという。代理店関係者の話。

「CMの撮影日とGIレースの日がかぶっていて、海老蔵さんはソワソワして撮影に集中できない様子でした。それでレース終了後に再開ということになったのですが、ド外れしたのでしょうね。その後の撮影は終始不機嫌でした。周囲に聞いたら200万円も突っ込んでいたそうです」

 このほか、歌手の藤井フミヤは主に地方競馬専門。大井競馬場で散財する姿がたびたび目撃されている。

 また、競馬誌のライターは、「藤原竜也さんも大の競馬好き。オフの日にひとりで東京競馬場(府中)に足を運び、朝から勝負していることもあるそうです。あと都市伝説的に噂されているのは、人気女優の桐谷美玲さん。変装した彼女を東京競馬場で見たという目撃談が相次いでいます」とまことしやかに話す。

 一方で他の者とは一線を画すのが、先日メディアを騒がせた男性俳優Xだ。

「Xが出入りしているのは都内の外国大使館。実は某大使館では裏カジノが常態化していて、各界のVIPが招かれている。ここなら“治外法権”なので、バレても逮捕される心配はない。世間のイメージと違って、Xはなかなか狡猾な男ですよ」とは裏社会に精通する人物。

 それに比べたらQちゃんのパチンコ狂いなど、かわいいものなのかも!?

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...

関連キーワード