桐谷美玲、肌が汚なすぎて遂に『スマスマ』で映像加工か?「明らかに輪郭ぼんやり」

関連キーワード:

桐谷美玲、肌が汚なすぎて遂に『スマスマ』で映像加工か?「明らかに輪郭ぼんやり」の画像1桐谷美鈴/スウィートパワーHPより

 現在放送中の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)で主演を務める桐谷美玲が、同局で8日に放送されたバラエティ番組『SMAP×SMAP』に登場。ドラマで共演中の山崎賢人、三浦翔平、野村周平とともに同番組の看板コーナー「ビストロSMAP」にゲスト出演した桐谷だが、視聴者の視線は“桐谷の顔の違和感”に釘付けにされた。

「『SMAP×SMAP』の直前にはドラマの第5話が放送され、平均視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己ワーストを更新してしまったのですが、それでも旬の美男美女が出演する同ドラマは若年層のハートを掴んでいます。ドラマの放送中は、毎週Twitterの実況も盛り上がっており、この日はそのまま『SMAP×SMAP』に流れた視聴者も多かった印象です。しかし、4人が登場してしばらくすると、Twitter上には『あれ? なんか桐谷ちゃんだけボヤけて見える……』といったツイートが飛び交いました」(テレビ局関係者)

 中には「私の気のせいかな?」と、自分自身の目を疑う者もいたようだが、

「実際、桐谷の顔がアップになると、輪郭がぼんやりしているというか、ふわっとした映りに見えました。山崎や三浦など他の出演者のピンショットは普通にくっきりしていたのですが、桐谷だけピントがあっていないような、コントラストが違うような……あれは明らかに“加工”されていましたね」(同)

 と、やはり視聴者の目はおかしくなかったようだ。

 桐谷といえば、今年2月放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際、生放送のカメラにアップで抜かれた顔が“ブツブツだらけの荒れ放題”だったとしてネットを騒然とさせるなど、肌トラブルが激しいことで有名である。

「日によってコンディションが異なるようですが、おそらく『SMAP×SMAP』収録の日は最悪のコンディションだったのでしょう。もちろん、バラエティのスタッフもドラマのイメージを崩さないようにという配慮はしますが、普通は“女優ライト”と呼ばれる照明を使用する。それも、特にお年を召した女優さんを対象に、強めの光を当てて顔のシワやくすみを飛ばします。ですから、桐谷さんほど若い美人女優で、しかも“映像加工”となると、前代未聞ではないでしょうか……。まぁ、確かに彼女の肌は相変わらずガサガサですし、細すぎなことも相まって不健康に見えかねませんから、仕方がないのかもしれませんが」(同)

 それにしても、不自然な加工はファンを驚かせるだけではないか。桐谷のマネージャーや事務所は、彼女をケアするなど気配りしてあげてほしいものだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

桐谷美玲、肌が汚なすぎて遂に『スマスマ』で映像加工か?「明らかに輪郭ぼんやり」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル