極楽とんぼ・山本圭壱、新たに“ヤバい過去”が浮上する? 大騒動に発展する可能性

関連キーワード:

,

極楽とんぼ・山本圭壱、新たにヤバい過去が浮上する? 大騒動に発展する可能性の画像1※画像:山本圭壱

 7月30日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!夏休み宿題スペシャル』(フジテレビ系)の中でおよそ10年ぶりに地上波への出演を果たした極楽とんぼの山本圭壱。だが、番組内ではそのまま『めちゃイケ』に復帰するわけではなく、かつ吉本興業への復帰もないことが打ち明けられている。放送後、10年経っても山本が完全復帰とはいかない理由を業界関係者が打ち明けてくれた。

「事件から10年も経ち、和解も済んでいるために禊は十分という声も多いのは事実です。さらに山本の相方である加藤浩次は帯番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のMCも務めるなど、今や吉本興業にとって稼ぎ頭のひとり。通常であれば、加藤から『復帰させてほしい』と頼まれれば、吉本が首を縦に振るほどの力があるはずですが、それができないのは“別件”があるせいだと言われています」(プロダクション関係者)

 別件とは何なのか。

「山本に関しては10年前の未成年との淫行が問題となりました。これに関しては和解して不起訴になっています。しかし、これとは別の表に出ていない問題があるといわれているのです。内容としては同じように暴行などの事件です」(同)

 仮にこれが事実ならばとんでもない話だが、実際にこのような噂があるからこそ、吉本興業としても加藤の嘆願を聞き入れられないということだ。

「無論、その“別件”も穏便に済ませてもらって和解しているそうですが、もしも本格復帰させれば、週刊誌に嗅ぎつけられる可能性もあります。ご存じのように今は『週刊文春』(文藝春秋)が破竹の勢いを誇っていますので、スクープされる可能性が大いにあります。そんな人間を吉本興業もサポートできないというわけです」(同)

 たしかにそんな話が表に出れば再び大騒動となるはずだ。さらに山本だけではなく周囲への影響も危惧してのことらしい。

「再び騒動になって山本に傷がつくのは仕方ないにしても、相方の加藤や番組で共演してきたナインティナインへの影響が吉本としては怖い。どちらも稼ぎ頭ですから、ここに悪影響が及ぶのはどうしても避けたいわけです。だからこそ、吉本としてはこの案件に触りたくないのです」(同)

 複雑な事情が絡み合っているようだが、完全復帰をしていない今もすでに週刊誌が動き始めているという話もある。

「今回の『めちゃイケ』への出演によって山本の記事を書こうとしている週刊誌は山程あるはずです。謹慎前や謹慎中、また現在のことなど、探ってみると何かしら出てくる可能性があります。吉本興業やテレビ局もそれを危惧しているので、少なくともしばらくは様子見となるはずです」(テレビ番組放送作家)

 「週刊文春」をはじめ、各週刊誌が動いた結果、一体どんなネタが出てくるのか。もしくは何も出てこずに本格復帰への階段に一歩足をかけられるのか。いずれにしても今後しばらくは山本圭壱から目が離せそうにない。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

極楽とんぼ・山本圭壱、新たに“ヤバい過去”が浮上する? 大騒動に発展する可能性のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル