NASA、月のサンプルを運んだバックの売却を後悔!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

NASAが月のサンプルを運んだバックの売却を後悔しているようだ。1969年にアポロ11号が人類史上初の月面着陸に成功した際に宇宙飛行士が月のサンプルを集めるために使用した11個のバックをNASAは1000ドル以下(約10万1000円)で売却していた。しかし今になって間違ったバックを売却していたと気づいたNASAは返却を求め、法廷闘争に巻き込まれていると報じられ「貴重な遺物です、国宝とまでといかなくても」とコメントしたという。約700ポンド(約9万2000円)でこのバックを購入した女性は、月のサンプルの屑が残るバックを確認のためNASAに送り返したところ同機関のスタッフが間違いに気づいたという。この女性はバックの返却を望んでいるもののNASAは回収すると決め、法律上の所有を主張し回収の手続きを現在行っているそうだ。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。