• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

Depp.jpg
画像は「TMZ」より引用

 電撃結婚から一転、電撃DV泥沼離婚劇を繰り広げているジョニー・デップが、騒動前に指を失っていたことがわかった。

 報道によると、2015年3月、オーストラリアの別荘で元妻のアンバー・ハードと大喧嘩中に事件は起きた。アンバーの証言によると、「アンバーが俳優のビリー・ボブソーントンと浮気しているのではないか」と疑ったジョニーが、複数のボトルを叩き割り、窓も突き破り、固定電話もブン投げて壁に叩きつけるなどして暴れ、気づいたら指を負傷していたようだ。

 ジョニーはその後、負傷した指にペンキをつけて、壁に「ビリー・ボブ」「尻軽女アンバー」と書いたといわれている。

 負傷した際の指が公開されているが、ハラの部分がぱっくりと割れ、肉が見えていることから、どれだけ激しい喧嘩が繰り広げられていたのかがわかる。また、負傷した指以外の指が、恐ろしく汚いことにも注目だ。

Depp_3.jpg
画像は「TMZ」より引用

 ふたりの離婚騒動をめぐっては、この“指もげ事件”のほかに、アンバーの同性婚疑惑、アンバーのDV逮捕歴、440億円ものジョニデの資産など、“セレブ”らしい派手な話題が取り沙汰されたが、今月16日、ようやく3ヵ月に及んだ騒動に終止符が打たれた。報道によると、ふたりは示談により、デップが7億円を払うことで離婚が合意されたようだ。さらにアンバーはデップからDVを受けたとの訴えを取り下げたという。

 ふたりは「私たちの関係は極めて情熱的で、もろかったが、いつも愛でつながっていた」との声明を発表しているそうだが、ファンからすれば、大スター・ジョニデの指が本格的にもげたりはせずに、つながっててくれてよかったというところだろうか。

 それにしても、負傷した指にペンキをつけたというが、謎のシチュエーションである。セレブの生活はやはり凡人にはわからない。
(編集部)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年9月28日 02:50 | 返信

( ∇|||) いや・・ 
「セレブの生活はわからない」ではなくて・・ クスリじゃないのか?
もしくは喧嘩によるヤケ酒・深酒で、痛みを感じない状態でやったとしか思えない。

うちの父親も結婚数年目に、
会社の飲み会の帰り、さらにチューハイ呑みながら片手運転の自転車で帰宅。
途中に自転車ごと転んで、手に大怪我をした。
それでも、家に帰ってきた当初は「痛くない。大丈夫」と言っていて、母は驚いたらしい。
病院を勧めたが、父は「痛くないし、血も止まって来たから平気」と酔った勢いで就寝w

でも、数時間後にアルコールが切れたらしく、父は痛い痛いと大騒ぎして
夜間救急に行ったそうなw
で、手を縫いまくられて帰宅したそうです。( ̄∇ ̄;) 父よ… アホじゃのw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。