【閲覧注意】ジョニー・デップが自ら指切断、壁に血文字を書く! 血まみれ肉片断面写真に衝撃広がる

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

Depp.jpg画像は「TMZ」より引用

 電撃結婚から一転、電撃DV泥沼離婚劇を繰り広げているジョニー・デップが、騒動前に指を失っていたことがわかった。

 報道によると、2015年3月、オーストラリアの別荘で元妻のアンバー・ハードと大喧嘩中に事件は起きた。アンバーの証言によると、「アンバーが俳優のビリー・ボブソーントンと浮気しているのではないか」と疑ったジョニーが、複数のボトルを叩き割り、窓も突き破り、固定電話もブン投げて壁に叩きつけるなどして暴れ、気づいたら指を負傷していたようだ。

 ジョニーはその後、負傷した指にペンキをつけて、壁に「ビリー・ボブ」「尻軽女アンバー」と書いたといわれている。

 負傷した際の指が公開されているが、ハラの部分がぱっくりと割れ、肉が見えていることから、どれだけ激しい喧嘩が繰り広げられていたのかがわかる。また、負傷した指以外の指が、恐ろしく汚いことにも注目だ。

Depp_3.jpg画像は「TMZ」より引用

 ふたりの離婚騒動をめぐっては、この“指もげ事件”のほかに、アンバーの同性婚疑惑、アンバーのDV逮捕歴、440億円ものジョニデの資産など、“セレブ”らしい派手な話題が取り沙汰されたが、今月16日、ようやく3ヵ月に及んだ騒動に終止符が打たれた。報道によると、ふたりは示談により、デップが7億円を払うことで離婚が合意されたようだ。さらにアンバーはデップからDVを受けたとの訴えを取り下げたという。

 ふたりは「私たちの関係は極めて情熱的で、もろかったが、いつも愛でつながっていた」との声明を発表しているそうだが、ファンからすれば、大スター・ジョニデの指が本格的にもげたりはせずに、つながっててくれてよかったというところだろうか。

 それにしても、負傷した指にペンキをつけたというが、謎のシチュエーションである。セレブの生活はやはり凡人にはわからない。
(編集部)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?