解散の裏で進むSMAPクローン化計画!「SMAP」→「SMAC」に改名して再始動せよ!

■草なぎ剛、香取慎吾クローン説

kusanagituyosi284560.jpg

 ここで思い出されるのがSMAPの特に香取慎吾だろう。SMAP×SMAPでの彼の表情の変化にファンは

「顔の表情がいつもと違う」
「まるで死んだような顔」
「抜け殻のよう」

 と、指摘している。これは、クローンだからにほかならないだろう。

 また、メンバー5人が揃って1月18日に謝罪放送した際は、草なぎの表情に注目が集まった。ファンは、

「まったく感情がない顔だ」
「無表情で声のトーン機械的」
「血の通ってないロボットのようだ」

 と、指摘。「謝罪放送に現れたのは草なぎ本人ではなく、似せて作ったAIロボットなのでは?」という陰謀論も飛び出る始末だった。これも、実はクローンだった可能性があるのではないだろうか?

 思い出してほしい。草なぎは、過去にクローン版トム・クルーズと同様に、「奇行」報道があったではないか。2009年4月23日公園で裸になったとして公然わいせつの疑いで逮捕、送検された事件だ。その後、草なぎの容貌が変わったという指摘もある。耳の形が変わり、背が低くなり、声の質も変わったというのだ!

 容貌の変化、理解し難い奇行……、草なぎはすでにいち早くクローン化していたのかもしれない。


■クローンSMAP誕生!

「SMAPの関係は15年前にすでに壊れていた」という報道がなされているが、これは15年前に「クローン化」が計画され始めたということではないだろうか? 草なぎ、香取…と、順番にクローン化されていくことで、心がバラバラになり、息も合わせられず、活動のモチベーションも低下したのかもしれない。ゆえに、解散という形を取ったのかもしれない。

 これから我々が目にするSMAPはクローンで、本物は海外のリゾート地で優雅な余生を送っているのかもしれない。

「SMAP」のグループ名は事務所社長のジャニー喜多川が「Sports Music Assemble People」の頭文字から命名したとされているが、クローンとなった彼らは人間ではない。「People」を「Clone」に変えるべきだろう。

「Sports Music Assemble clone」→「SMAC」にグループ名を改名すると良い。

 クローンとなって新たに始動する「SMAC」の活躍に注目したい。
(文=白神じゅりこ)

jyuriko.jpg

★白神じゅりこ
オカルト作家・コラムニスト・ライター。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
・ブログ「オカスピブログ 東京怪奇大学
ダイアプレスより『2016予言 驚異のシナリオ』、『恐怖の洗脳ファイル』、『UMA未確認生物の真実』も発売中!

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ