DNA螺旋を“こじ開けて”破壊する装置がヤバすぎる! 透視できる携帯電話も作れる!?

DNA螺旋をこじ開けて破壊する装置がヤバすぎる! 透視できる携帯電話も作れる!?の画像2イメージ画像:「Thinkstock」より

■テラヘルツ波はDNAを破壊し、ガンを引き起こす?

 米・ニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所、非線形科学研究センターのボイアン・アレクサンドロフ博士らは、研究の結果、テラヘルツ波による放射線被曝が累積的に生体に蓄積し、人間や動物のDNAに影響を与えるという恐ろしい証拠を発見した。なんとテラヘルツ波は、人間のDNA螺旋をこじ開け、破壊してしまうというのだ。どうやら、テラヘルツ波でDNAのねじれた鎖が分断されることによって、遺伝子同士の間に泡状のものが生じ、それが生命活動のプロセスを妨害するようだ。

 すでに米国では、空港のテロ対策として服が完全に透けて見えるボディスキャナーが実用化されているが、これはテラヘルツ波を応用した技術。しかし、コーネル大学に所蔵されている科学者向け情報紙の「DNA Breathing Dynamics in the Presence of a Terahertz Field(テラヘルツ電磁場下におけるDNAの息遣い)」と題する記事でも、空港のスキャナーが発するテラヘルツ放射線が、それを浴びた人々やTSA(運輸安全管理局)職員のDNAを著しく損傷しているという大変ショッキングな事実を明らかにしている。

 さらに、米・コロンビア大学教授で、放射線の影響に関する専門家であるデービッド・ブレンナー博士は、「TSAのスキャナーが、それを受けた何人かの人たちに、ほぼ確実にガンを引き起こすだろう」と警告を発している。エイズ患者のように免疫不全や、狼瘡などの免疫性疾患を抱える人、妊娠中や授乳中の女性、幼児、ガン患者は特に危険なのだという。


■テラヘルツ波には陰謀も渦巻いている!?

 このように、さまざまな害を及ぼすとの研究報告が上がりはじめたテラヘルツ波。その安全神話や健康効果が極めて怪しいということはおわかりいただけるだろう。では、なぜガンを引き起こすかもしれないテラヘルツ波が“良いもの”と認識され、さまざまな研究が進められているのか? そこに何らかの陰謀が渦巻いているのではないか?

 魔女である筆者の脳裏にふと浮かんだのが、世界を影で操る秘密結社フリーメイソンの極秘最高組織「イルミナティ」の存在である。 一部のエリート層が支配する世界を理想に掲げるイルミナティは、人類総奴隷化計画や人口削減計画を推し進めていると考えられている。つまりテラヘルツ波は、彼らの計画の一環である可能性も捨てきれないのではないだろうか? しかも、発生装置をどんどん小型化し、携帯電話ばかりか人体にまで埋め込む計画があるとしたら、これはますます怪しいと言わざるをえない。


 テラヘルツ波の研究はまだまだ途上である。これを浴びた時、あなたの体に何が起こるか、まだ未知数である。安易に飛びつくとこは避け、多方面からの情報をしっかりと考慮したうえで、あなたにとって有効なものかどうか、慎重に判断するべきだろう。

 

DNA螺旋をこじ開けて破壊する装置がヤバすぎる! 透視できる携帯電話も作れる!?の画像3

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『あなたも霊視ができる本』(文芸社)大好評発売中!

DNA螺旋を“こじ開けて”破壊する装置がヤバすぎる! 透視できる携帯電話も作れる!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで