あのキムタクがSMAP解散を阻止したかった“超・衝撃的”な本当の理由とは?

関連キーワード:

,

,

「たとえば、中居正広はMC業で絶対的な信頼を得ています。それに香取慎吾はバラエティ番組で自分の役割をそつなくこなし、今後も仕事には困らないはずです。さらに草なぎ剛はドラマや映画で評価を得ていますし、稲垣吾郎は誰も真似できない独自の路線を貫き、仕事は少ないながらも個を確立させています。木村は、それぞれのメンバーの強みを知っていて、その上で自分には何もないとわかっているんです。かといって所帯を持つ身として家族を養う必要がある木村は、他のメンバーのように自由に生きていくこともできなかった。そのため、事務所やSMAPの看板を失うことは避けたかったわけです」(同)

 他の4人のメンバーはそれぞれ強みがあり、独立後もビジョンが見えるが、木村はジャニーズ事務所やSMAPの金看板がなくなれば何もなく、それでは家族の生活レベルを下げることになると認識していたようだ。そうなると、今SMAPという看板を失い、最も大きなショックを受けているのは木村なのかもしれない。

 木村には今後も仕事はあるだろうが、世間的なイメージの悪化はあまりにも大きく、これまで以上に困難な状況が待ち受けていると予想されている。このような結果が待っていたならば、内心は独立したほうが良かったと思っているのではないだろうか。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ