“老害”メリー喜多川激怒で中居正広も悪者に…業界から「終わっている」の声

関連キーワード:

,

,

「副社長のメリー喜多川さんですよ。事務所としては中居さんのイメージが悪くなるような情報を流したくなかったのに、彼女が激怒して感情に任せてマスコミにリークするよう命じたといわれています。しかし、解散正式決定になった際には、彼女自身もその稼ぎを無視できないと冷静に判断し、今回は中居さんを守ったようです」(同)

 感情任せで激怒したものの、冷静になるとやはりお金が大切だと考えたというのが真実のようだ。別の関係者も聞かせてくれた。

「まぁ、こういうリークもすべて事務所が仕掛けているのはバレていますので、どんな情報を流そうが今は誰も騙されないわけですが、そういう時代だと認識せずに、自分たちの情報操作で大衆をだませると思っている時点であの人たちは老害としかいえませんよね。若い人に任せていたら、こうはならなかったはずです。

 それに、本来すべての所属タレントのイメージを守るのが芸能事務所の役割であって、『一部のメンバーが解散を希望した』などと事務所も被害者であるかのように公言することなどあり得ないです。業界内でも『芸能事務所として終わっている』といわれていますよ」(プロダクション関係者)

 たしかにメンバーの中に悪者を作ろうという魂胆自体が芸能事務所としてはいかがなものかと首をひねってしまう。“老害”を抱えたままで、これからも影響力を保持していけるか、微妙なところだろう。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ