【動画】犬の散歩中に「宇宙人」に遭遇、殺害して死体を撮影した男!ガチすぎてMIBから命を狙われている!?

関連キーワード:

,

,

,

 世界中のUFOコミュニティで“本物”だと信じられている宇宙人の死体動画がある。「ロズウェルの宇宙人解剖フィルム」ほどの知名度こそないが、映像のインパクトはそれ以上との声も。撮影者は現在にいたるまで各種メディアで自信の経験が「紛れもない事実」であると主張し続けているという。


■撲殺された宇宙人

alienvideo_04.jpgジョナサン・リード氏「Disclose.tv」より引用

 1996年10月15日アメリカ人の心理学者ジョナサン・リード氏はワシントン州のカスケード山脈を愛犬のゴールデン・レトリーバー、スージーとともに散歩していたところ、身長150cmほどの奇妙な生物に遭遇したそうだ。さらに、その生物の傍らには漆黒の飛行物体が漂っていたという。

 スージーがその宇宙人に近づいていくと、どういうわけかスージーの体が蒸発したかのように消えてしまったという。目の前で愛犬を消されたリード氏は、怒りに我を忘れて、近くの木から太い枝を折り取り、その“宇宙人”らしき生物の頭部を強打し殺害してしまったそうだ。その後、リード氏は死体を家に持ち帰り、記録として“宇宙人”の映像を撮影したと語っている。

 それでは、さっそく動画をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
alienvideo_01.jpg画像は「YouTube」より引用
alienvideo_02.jpg画像は「YouTube」より引用

 銀色のフォイルの中から現れた“宇宙人”は、いわゆるグレイ型宇宙人のようだが、肌が茶色いのが特徴的だ。残念なことにタートルネックのような黒い服を着用しているため、首から下がどのようになっているかは映像からは確認できない。頭部には殴打による黒っぽい出血がみられるが、リード氏が撮影した別の写真では真っ赤だったことが分かっている。目は小さく白い。よくイメージされる巨眼の宇宙人とはやや違う印象を受ける。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ