有吉弘行と夏目三久の交際否定も、関係者は「交際間違いない。妊娠・結婚は…」

関連キーワード:

,

51JAIW8Y1YL._SX387_BO1,204,203,200_.jpg画像は、CYAN (シアン) issue 002 (NYLON JAPAN 2014年 9月号増刊)/カエルム

 8月24日の日刊スポーツのスクープで、有吉弘行夏目三久の熱愛が発覚した。有吉が所属する太田プロダクション、夏目が所属する田辺エージェンシーは当日深夜に揃って「事実無根」と否定。有吉も、JFN系ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』に生出演し、きっぱり否定したが、妊娠はともかく、2人が付き合っていることは間違いない。夏目は結婚に向けてノリノリだが、その一方で有吉は逃げの姿勢を見せ始めたというのだ。

 日刊スポーツのスクープを巡って、完全に両者の言い分が対立している。

「日刊の報道を受けて、特に夏目を娘のように可愛がっていた田辺エージェンシーの田邊昭知社長がブチ切れ。まずはテレビ全局に圧力をかけ、一切報道させないようにした。朝から報道各社が問い合わせをしていたが、夜になってようやく全面否定という回答を出し、それに太田プロも追随した」とワイドショー関係者。

 日刊が報じた妊娠に関しては、様々なことが言われているが、当事者のみが知ることだ。だが熱愛に関しては、

「絶対に間違いない。『マツコ&有吉の怒り新党』での共演がキッカケとなり、交際に発展した。3月に夏目が突如降板となったのも、2人の仲を引き裂きたい田邊社長の意向が働いたと言われている」と前出関係者。

 夏目はコンドーム騒動を起こしてしまい、当時所属していた日本テレビで干され、事実上追放されるような形で退社。そういう経緯があるから前途多難なフリー転身とみられていたが、拾ってくれた田邊社長が持てるパワーを注いでプッシュしてくれたからこそ今の活躍がある。

 夏目にとって田邊社長は恩人なのだが、今回ばかりはその恩人よりも有吉を選んだようだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ