深宇宙から届いた“強い信号”の正体とは? 天文学者も困惑「地球外文明『タイプ2』が発したメッセージの可能性」

深宇宙から届いた強い信号の正体とは? 天文学者も困惑「地球外文明『タイプ2』が発したメッセージの可能性」の画像3イメージ画像:「Thinkstock」より

「いずれにしても、ほかの電波望遠鏡でも検証してみる必要があります」
「天体の重力が(レンズのように)さまざま信号を集め、増幅してしまう『マイクロレンズ効果』が起きていた可能性も否定できません」
「データが取れたのは事実でしょうが、地球外文明だとは思えませんが……」

 SETIとしては地球外文明が発した信号ではなかった可能性が高いと考えているようだが、米・カリフォルニア州やパナマ・ボケテ高原にある専用の天文台で、今後観測を行うことを明言しているようだ。


「地球外文明の仕業であるとは、まだ誰も言っていません。しかしこれは、さらに調査すべき事態であることは確かです」

 第一報を報じたポール・ギルスター氏は、このように主張している。もしも今回の電波が人類を凌駕する宇宙文明「タイプ2」によって発信されたものだとしたら、そこに一体どのような意図が込められているのか? 友好的なメッセージであることを祈りつつ、今後の調査を見守りたい。
(編集部)


※9月5日のトカナ開催イベントでは、本件にまつわる話も扱います!!

生命とは何か? 宇宙人はいるのか? 地球は滅亡するのか? パラレルワールドはあるのか? 最凶のウイルスは何か!?

 真面目な科学誌では語られない「未科学(まだ科学的に立証されていないが、研究はされている)」分野で考察されている事象についてトカナが切り込み、有識者が徹底解説! 表に出てこない“最凶”のバイオテクノロジーや、宇宙技術、食品化学の嘘、そしてブラックホール生成の今や、人類スパゲッティ化の可能性、未来の人類の平均寿命まで、まだニュースになっていない(扱われることもない)論文ベースのヤバすぎる新情報を明らかにする! 未科学が、あなたの固定概念を完全に覆す!!

【場所】
LOFT9 Shibuya(ロフトナイン渋谷)渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F

【日時】
9月5日(月)
OPEN 18:30 / START 19:30
前売¥2,300 / 当日¥2,700(税込・要1オーダー500円以上)
前売券ローソンチケットにて発売【Lコード:35729】

【ネットでのチケット購入はコチラから】

【出演】
ヘルドクターくられ(「アリエナイ理科ノ教科書」の著者、サイエンスライター。公演やテレビ出演など多数/トカナ執筆記事
A氏(物理学者)
宮本道人(科学文化評論家/東大理物理)

【司会】
川口友万(サイエンスライター「サイエンスニュース」編集部/トカナ執筆記事
TOCANA編集部


参考:「Centauri Dreams」、「GeekWire」、「PRI」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

深宇宙から届いた“強い信号”の正体とは? 天文学者も困惑「地球外文明『タイプ2』が発したメッセージの可能性」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで