「ルルドの泉」から湧き出す“奇跡の水”の正体は水素水だった! 水素水ブームの真実を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■水素ビジネスには大いなる懸念も!

Lourdes_4.jpg画像は「Wikipedia」より引用

 ただし杉野氏は、昨今流行の兆しを見せる水素ビジネスに警鐘も鳴らしている。

「市販の水素水には、実際のところほとんど水素が入っていません。水素の量は、ORP濃度という酸化・還元を表す座標で決まります。ORPがプラスになればなるほど不純物が多く、マイナスになればなるほど水素が多くなるのです。通常、水道水はORP濃度がプラス850くらい、市販の美味しいとされる水でもプラス250~350くらいです。しかし、弊社の水素水はマイナス800程度になっています」

 また、前述の太田教授も市販の水素水に対して疑問を呈している。

「水素は宇宙一小さい分子なので、ペットボトルに入ると分子がペットボトルを通過して抜け落ちてしまう」

 つまり、通常のペットボトルに詰められている場合は、水素水とは名ばかりで、ほぼ通常の水と同じだと考えることもできそうだ。水素によって美しく健康になりたいトカナ読者は、このような点にしっかりと留意し、正しく水素を摂取していただきたい。


fukatukiyuria.jpg

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『あなたも霊視ができる本』(文芸社)大好評発売中!

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。