【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の“禁じられた純愛”が生々しい

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像1画像は、「Daily Mail」より

 今年2月、米・ニューメキシコ州で、36歳のモニカ・マレスと19歳のカレブ・ピーターソン親子が逮捕された。逮捕理由は彼らが“近親相姦”に及んでいたというもの。現在、米国ではミシガン州やニュージャージー州など一部の地域を除き、近親相姦は禁止されている(認められている州でも「妊娠した場合の遺伝上のリスクを理解した上で」という条件つき)。彼らは今月5,000ドル(約50万円)の保釈金を支払い釈放されたが、裁判は継続中。もしも有罪判決が下った場合、18カ月の懲役が言い渡される可能性がある。現在、裁判所によって2人は会うことが禁じられているようだ。

 しかし、離れ離れになった今でも2人は互いに相手のことを思い、「母親に恋愛感情を抱くことが異常とは思わないよ。クラブに遊びに行って女性と出会うのと同じで、すごく普通のことだと僕は思う」と話すピーターソン。2人の間に育まれた愛情とは、どのようなものだったのだろうか?


■フェイスブックを通じて18年ぶりに再開した母子

 モニカは、若干16歳でピーターソンを出産した。その若さ故か、ピーターソンは生後間もなく、諸事情によってテキサスの里親に養子として引き取られることに。しかし、生き別れになった息子を気にかけていたのか、モニカは昨年フェイスブックで18歳に成長したピーターソンを発見、メッセージを送った。連絡を取り合うようになった2人は、その後、直接会う約束をする。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像2画像は、「Daily Mail」より

 ニューメキシコ州のクロービスで、涙の再開を果たした2人。その後ピーターソンは、荷物を積み込んだトラックでモニカとともに暮らすようになった。「その時は、“母と息子”としての感情しかなかったわ」とモニカは話す。しかし、いつの間にか「“狂った感覚”が芽生え始めた」という。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像3画像は、「Daily Mail」より

 モニカは出産後すぐにピーターソンと別れたため、「自分の子どもというよりも、初対面の人に出会ったような感覚だった」という。そしてついに2人は恋に落ちるが、もはや気持ちに逆らうことはできなかった。モニカは「ごめんなさい。あなたがどういう反応をするかわからないけど……」と息子の反応に怯えながらも、「私はあなたの母親、そしてあなたは私の息子。でも、私はあなたに恋をしてしまったの」と衝撃の告白をした。

 実の母親からの衝撃的告白に、ピーターソンも「僕も同じ気持ちだよ! 自分から言い出す勇気がなかっただけ」と打ち明ける。その後2人は、何度かデートに出かけてお互いの気持ちを確かめ合い、1週間ほどしてから男女の関係になった。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像4画像は、「Daily Mail」より

■互いに愛し合う2人だったが……

 公共の場で熱いキスを交わし、「人生をかけた本当の愛」(モニカ)、「母はとても魅力的で、僕は彼女を女性としてしか見ていない」(ピーターソン)と語るほど順調に愛を育んできた2人。ところが今年2月、彼らの関係が周囲にバレてしまい、逮捕されることに。前述の通り、ニューメキシコ州では近親相姦が許されていないからだ。裁判所から会うことを禁じられている2人だが、ピーターソンは「最大18カ月の懲役という有罪判決が出ても、僕はモニカを待つよ」と語る。モニカは「離れ離れになっているのがあまりにも辛い。彼に会いたい。彼と話したい。でもリスクを冒すことはできない」と辛い胸の内を明かした。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像5画像は、「Daily Mail」より

 離れ離れになった今でも、互いのことを思い続けている2人。ピーターソンは「僕のために食事を作ってくれたり尽くしてくれる人は、これまで誰もいなかったんだ」「モニカを幸せにする努力をした。そして恋に落ちたんだ」「僕たちは母と息子の関係を超えている。この感情が間違っているとは思わないよ」「ぶらぶらと歩きながら話している時、目が合って、自分からキスをしたんだ」と赤裸々に打ち明けている。彼によると、「そのキスは“本当のキス”で、あとはもう胸がスパークしてしまった」とのことだ。母親と男女の関係になってしまったピーターソンだが、両者同意の元であることや、成年(ニューメキシコ州では18歳)を迎えていることから「正直に言って、トラブルに巻き込まれるとは思ってなかったよ」という。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像6画像は、「Daily Mail」より

 その思いは、モニカも同じようだ。「自分たちが性的関係を結び始めたころ、それが奇妙だとも間違っているとも思わなかった」と明かす。そして彼女は今、息子と関係を持つようになった時のことを語り始めた。「最初は手をつなぐところから始まって、キスをしたわ。そしてキスが終わると、その先に進んだの」「彼と一緒にいることに不安はないし、もっと愛を深めたいと思っているの」と打ち明けつつ、「私が自分の手でピーターソンを育てていれば、恐らくこのような関係にはなっていなかったでしょうね」と話している。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像7画像は、「Daily Mail」より

■周囲の反対する声

 ピーターソンは、モニカの子ども8人(ピーターソンにとっての異父兄弟)とも仲が良く、ピーターソンは彼らから“パパ”と呼ばれるまでの関係を築いていた。しかし、実の親子同士の恋愛を毛嫌いする人たちも大勢おり、親戚や友人、隣人など多くのコミュニティから白い目で見られている。

 実際に街中で暴漢に襲われ、殺害すると脅迫されたこともあるという。ピーターソンはモニカとの恋が発覚した後、養父に捨てられ、絶縁状態になっている。ピーターソンのフェイスブックは「下品」「最低」といった否定的なコメントで埋め付くされているが、ピーターソンは「まったく傷つかないし、僕の考えには影響がないよ」と述べている。

 しかし驚くことに、モニカの元夫であるデイトン・チャベス(8人の子どものうち2人の父親)は、彼らの恋愛を支持すると表明している。彼は「家庭内暴力といった話なら、もちろん支持は表明しない。でも、これはそうじゃない」と主張している。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像8現在、ピーターソンが住む家。画像は、「Daily Mail」より

 また、ミネソタ州で異母兄弟における恋愛を支援してきた法律家・クリスティーナは、「今回のケースに、国民の関心を引き付ける必要とあると思います。人々は真剣にこの問題について考えなくてはいけない」と発言。続けて「ほんの少し前までは、同性愛者も蔑まれてきました。でも、今は結婚できる時代へと変わり、社会に受け入れられています」「なぜ近親愛は認められないのでしょうか? 彼らはただ一緒に居たいだけなのに」と、モニカとピーターソンとともに最高裁判所まで戦い抜く気持ちを固めているようだ。

 なお、ニューメキシコ州・第九司法地区の検事アンドレア・レーブも「ニューメキシコにおいて近親相姦はレベル4。罪においては軽度である」と述べ、彼らは重罪の犯罪者ではないという見解を示しているという。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像9画像は、「Daily Mail」より

■近親愛は“ジェネティック・セクシュアル・アトラクション”が原因!?

 2人が自分たちの関係をあからさまに語り続けるひとつの目的が、“ジェネティック・セクシュアル・アトラクション(GSA)”への認識を高めるためだ。GSAとは、自分と遺伝的に近い相手に性的魅力を感じてしまう現象。生後すぐに家族が離れ離れになった場合、不意に出会った近親者に性的魅力を感じてしまうケースがあるという。過去スコットランドでは、近親相姦罪で有罪を宣告された異父兄妹が、原因はGSAにあると主張していた。

 現在は離れ離れの2人だが、ピーターソンは「真実の愛には困難を乗り越える力がある。今回のケースは、“誰かを愛する権利を誰もが持っている”点に尽きると思っている。そして、モニカを愛する権利を僕は持っていると思うんだ」「誰と恋に落ちるかなんて誰にも教えられる必要がないだろ」と語る。モニカも「彼を失いたくない。子どもも彼を愛しているし、私は彼とともに居なくてはならないわ。もし有罪判決を受けても、刑務所から出た時、私たちは一緒にいることが許される州に移動するつもりよ」と述べている。判決は数カ月後に言い渡される予定だ。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像10画像は、「Daily Mail」より
【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の禁じられた純愛が生々しいの画像11画像は、「Daily Mail」より


参考:「Daily Mail」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【近親相姦】「目が合って、キスをして、男女の関係になった」 18年ぶりに再会した母子の“禁じられた純愛”が生々しいのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで