究極のサイコパス!バラバラ遺体、強姦、死姦…いまだ殺人件数不明の連続殺人鬼イスラエル・キースの異常性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■犯人イスラエル・キース逮捕へ

adoutnews.israelkeyes.jpg画像は「adou tnews」より

 28日、サングラスで顔を隠した男がアラスカのATMで600ドル(約6万円)を引き出そうとし、500ドル(約5万円)の上限を超えていたため失敗。その夜、男は500ドルを引き出したのだが、警察が駆けつけたとき男はすでにその場を去っていた。その後、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサスのドライブスルーATMで金が引き出されたが、警察は到着するのが常に数分遅く、犯人を取り逃がし続けた。男は常にマスクを被っていたためATMの防犯カメラでは顔が確認できなかったが、白いフォード・フォーカスを運転し、白人で、183cmを少し超えたくらいの身長だと割り出された。

 3月、パトロール中のテキサス州警察官がホテルの駐車場から出て来た長身の白人の男が、白いフォード・フォーカスに乗るのを目撃。警官は後を追い、車を停車させた。男の運転免許はアラスカで取得したもので「イスラエル・キース」という名前が記されていた。車の中からは、現金引き落としに使用されていたサマンサのデビットカード、サマンサの携帯電話、大量の現金が発見された。しかし、サマンサはいなかった。

 イスラエルは、サマンサ誘拐事件とATMカードの不正使用の容疑者として逮捕されたが、テキサス州の警察では黙秘を続けた。FBIは焦った。サマンサが生きているなら早く助けたいと思っていたからだ。


■究極のサイコパスだったイスラエル・キース

Nihilistically cynical misanthropic assholeeee.jpg実は、糸で目を開けさせていた

 34歳のイスラエルはアラスカ州のアンカレッジに、長年交際しているガールフレンドと10歳になる娘とともに暮らしていた。軍人として働いた後に建設業を営み、仕事は順調で信頼されていた。腕もよく、昼ご飯もとらずに朝から夕方まで集中して仕事をこなす男だった。プロジェクトの途中に突然「用事ができたから1週間の休暇をとらせてくれ」と申し出ることがあったが、仕事が早い男だったので、誰も不審に思うことはなかった。

 FBIはイスラエルの自宅を家宅捜索し、PCでサマンサの誘拐事件について頻繁にチェックしていることを突き止めた。イスラエルはアラスカ州の拘置所に移送され、FBIは何を突き止めたかだけ伝え、イスラエルが口を開けるのを待った。

 長い沈黙の後、イスラエルは「サマンサか。もう死んでるよ」と語り出した。

「ガレージに監禁し、強姦した後に窒息死させた。彼女には何をするか、きちんと伝えておいたよ」「新聞と写真を撮ったときは、もう死んでずいぶん経っていた。糸で縫って目を開けさせてたんだ」「死体はバラバラにしてマタヌスカ湖に捨てた。ゴミ袋に分けて入れてね。チェーンソーで厚く張った氷を抜き取り、アイスフィッシングしていると見せかけて、そこから捨てた」と自供した。

コメント

2:匿名 2016年9月19日 18:42 | 返信

こんなこと言ったらダメだけどこの程度か、というのが正直な感想。もっとえげつない殺人者はたくさんいるだろ。

1:匿名 2016年9月19日 01:08 | 返信

誤字、脱字が多すぎる
しっかり見直しましょう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?