究極のサイコパス!バラバラ遺体、強姦、死姦…いまだ殺人件数不明の連続殺人鬼イスラエル・キースの異常性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■自供しないサイコパス

 逮捕後、厳重な監視のもとに置かれていたイスラエルは、一度、逃亡を図っている。無謀な試みで数歩で複数の警察官に取り押さえられたが、その時、いつもは落ち着きはらっている彼が叫んで大暴れしたと伝えられている。取り調べが長期化するにつれ「早く死刑にして欲しい」約束が実行されないことに、イスラエルはかなりの憤りを感じていたようだった。

 さっさと死刑にして欲しいと願った理由は「早く終わりにしたいから」と言う理由のみだったが、刑務所では強姦魔や幼児生虐待者はリンチの対象になることを知っていたからだとも見られている。

 また、イスラエルは裁判になるのも嫌がっていた。これは裁判になれば娘に“優しいパパ”以外の自分を知られるからだとみられている。8カ月間にわたるFBIの取り調べで、誰を殺したのか、何人殺したのかを明かさなかったのも「全て自供したら大々的に報じられるから」だと思ったからだろう。

 取り調べに辟易していたイスラエルは、2012年12月1日、拘置所の看守がうっかり回収し忘れたひげ剃りの刃で、自分の手首を切り自殺した。裁判が始まる3カ月前のこと。34歳だった。

dailymail.keysp1.jpg画像は「Daily Mail」より

「なぜ殺したんだ?」という捜査班の問いに「なぜ殺しちゃいけないんだ?」と大笑いしたイスラエル。彼が遺した血の染みた遺書はポエムのようなもので、FBIが期待している被害者に繋がる情報は何一つ書かれていなかった。FBIの中では「サマンサには気の毒だが、彼女が餌食となったことでイスラエルは捕まった。そうでなければ、いつも自宅から遠く離れた場所で、殺人を行っていたイスラエルが捕まることは、永遠になかったかもしれない。イスラエルはまだ若かった。彼が寿命まで殺しを続けていたら、とんでもない数になっただろう」という声も上がったが、確かにその通りだろう。

 FBIはイスラエルの死後、彼が飛行機で訪れた地区や時期などを公開し、彼に関する情報があればどんな小さなことでもよいかから欲しいと呼びかけている。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

fbiinfo.jpg画像は「FBI」より

コメント

2:匿名 2016年9月19日 18:42 | 返信

こんなこと言ったらダメだけどこの程度か、というのが正直な感想。もっとえげつない殺人者はたくさんいるだろ。

1:匿名 2016年9月19日 01:08 | 返信

誤字、脱字が多すぎる
しっかり見直しましょう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?