残念すぎる大島優子! 安っぽいメイク、スケスケドレス… 関係者「キャバ嬢にしか見えない」

関連キーワード:

,

,

,

 元AKB48で、女優として活動中の大島優子が先月29日、映画『真田十勇士』(9月22日公開)のレッドカーペットイベントに出席。共演の中村勘九郎や松坂桃李らとともに登場し、「(劇中の俳優陣は甲冑姿や忍者姿だったが)今日はスーツ姿の十勇士を見て『惚れぼれするほどカッコイイな』と思った」などとコメントしたが、そんな大島は背中が大きく開いたセクシーなロングドレス姿を披露していた。これについて、関係者の間では「キャバ嬢感が半端ない」との声が上がっているという。

 同映画で大島は、紅一点的ポジションのくノ一・火垂役を演じている。

「スーツ姿の男性陣の中、大島は唯一の女性とあって、本来なら女優としての存在感をアピールできる絶好のチャンスでした。しかし、大島がこの日着ていたのはブルーのスケスケドレス。全面に散りばめられた花柄も渋めで、適当にアップにしたようなヘアスタイルと相まって、どこか疲れたような印象を与えていました。メイクも“素人の派手さ”といった感じだったし、極めつけは大胆に露出した背中。これはどう見ても女優というより、夜の女……キャバ嬢みたいでしたね」(映画制作関係者)

 実は以前にも、同様の声が聞かれていたんだとか。

「大島は、宮沢りえ主演映画『紙の月』(2014年)で、第38回日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞して話題になりましたが、この時も関係者達は彼女の衣装に注目。大島は胸元と背中が大きく開いた白のドレスを着ていて、巻き髪は右肩の方に寄せて下ろしていた。これにはみんな、『どこのキャバ嬢が紛れ込んだのかと思った』『もったいないよね』と苦笑していたんです」(同)

 女優なのにキャバ嬢にしか見えないとは残念なことだが、関係者達の言う「もったいない」とは、一体どういうことなのか。

「今回のイベント一つをとって見ても、楽屋は彼女中心だし、本番でも記者が求めているコメントを的確に話せるのが大島なんです。大御所俳優を差し置き、最も“芸能人力”が高かった。演技に関しても、元AKBの中ではピカイチ。身長が152cmと小さいので、これがもう少しあったなら、どこも欲しがる女優だったことは間違いありません」(同)

 だからこそ、「見せ方次第で良くも悪くもなってしまう」という。

「今はまともなスタッフが付いていないのか、ものすごく安っぽい。ハッキリ言ってしまえば、育ちが悪く見えてしまいます。もしも私が大島の事務所の関係者だったら、もっとしっかりしたヘアメイクやスタイリストを付けますよ。せっかく素質や知名度、人気もあるんだから、やりようによれば未来の大物女優も夢じゃないはずです」(同)

 業界の声が、大島の周囲に届くことを願うばかりだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

残念すぎる大島優子! 安っぽいメイク、スケスケドレス… 関係者「キャバ嬢にしか見えない」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで