高畑裕太容疑者の「レイパー脳」は更正できない? 過去の類似裁判傍聴でわかった性犯罪者の「自己正当化」

関連キーワード:

,

,

,

高畑裕太容疑者の「レイパー脳」は更正できない? 過去の類似裁判傍聴でわかった性犯罪者の「自己正当化」の画像1高畑裕太公式インスタグラムより(現在は削除)

 群馬県警は8月23日、俳優の高畑裕太容疑者(22)を強姦致傷の疑いで逮捕した。高畑容疑者は同日未明、宿泊先の群馬県前橋市内のビジネスホテルで、女性従業員に「アメニティーグッズを届けてほしい」と依頼。客室まで来た女性を強姦。女性に右手親指に全治一週間のけがをさせた疑い。

 母親で女優の高畑淳子さん(61)が26日、都内で会見を開き、「大変なご迷惑をおかけしました」と謝罪した。今後、淳子さんは「加害者家族」となるが、今後どうすべきなのか。

 淳子さんは逮捕から2日後の25日、息子の高畑容疑者と前橋署で接見した。会見はその翌日だった。淳子さんは接見では事件のことを直接話せないため、「仕事がどういうふうになっているのか、撮影の取り直しなどで迷惑をかけていること」だけを話したという。まだ親子で事件に向き合う前の段階だ。
 
 加害者家族としては今後はどうすべきか。まず、親子2人で話し合うことは必ずしもよい方向になるとは限らない。たとえば、淳子さんは会見で「原因はすべて彼の甘さ」と言い、「自分なりに精一杯やったつもりでしたが、私の育て方が悪かった」と謝罪した。淳子さんは会見でそう言わざるを得なかったのかもしれないが、事件の原因を「彼の甘さ」と「私の育て方」とした。

 しかし、強姦などの性犯罪が絡んだ場合、少なからず、「認知の歪み」が絡む。つまり、物事を自分に都合よく解釈するのだ。例えば、自分が女性を強姦しても許される、あるいは、強姦ではなく合意だ、また、女性も望んだ、と思ったりする。どこかの段階で、こうした自己正当化が行われる。

 似たような事件を紹介しよう。男が準強姦致傷を問われた裁判だ。男は、女性とバーに飲みに行った。そこで、男はアルコールの中に睡眠薬を入れて、それを飲んだ女性は眠ってしまい、ホテル内で強姦に至った。その際、陰部にけがを負わせた事件だ。私はこの裁判を傍聴した。

 被告人質問でこんなやりとりがあった。

弁護人 睡眠薬入りのお酒を飲ませた後、被害女性は?
被告人 ぼーっとしていました。ささやく感じで話をしていました。
弁護人 その後は?
被告人 髪を軽くなでて、頭を触った。服の上から体を触った。その時点では抵抗はありませんでした。
弁護人 どう思ったのか?
被告人 当時は受け入れられていると思った。
弁護人 被害女性はあなたに好意的と感じた?
被告人 はい。一緒にカラオケをしたり、バーで話をしていたので。
弁護人 ならば、自然と仲良くなるのでは?
被告人 その可能性はありましたが、「自分に好意があれば何をしても構わない」と思ってしまったのです。

 男は、女性が飲んでいる酒に黙って睡眠薬を入れただけ。たとえば、「お酒の中に睡眠薬を入れてそれを飲んだ後にあなたとセックスがしたい」などとは一度も会話をしていない。にもかかわらず、頭の中で妄想している。妄想だけならまだしも、ホテルに連れ込み、実行してしまう。

 男は事件の数ヶ月前に離婚した。ストレスや孤独感を抱いていたと推察される。その上で、睡眠薬入りのお酒を飲ませた。女性をきちんと交際を申し込まなかった理由について男は「傷つくのが怖かった」と話している。検察官による反対尋問でのやりとりは以下の通り。

検察官 交際は申し入れた?
被告人 性交できれば、女性の心を奪えると思っていました。
検察官 なぜ交際を申し込まない?
被告人 ホテルの中で話をしたときに….
検察官 睡眠薬を入れる前は?
被告人 それはしなかった。
検察官 なぜ?
被告人 傷つくのが怖かった。

「性交できれば、女性の心を奪える」としても、性交には同意が必要だとは考えなかったようだ。男は、以前にも同じ行為をしていた。つまり常習犯となっていたのであり、性依存症の疑いが出てくる。被告人尋問でこうしたやりとりがあった。

弁護人 以前にもありましたね?
被告人 出張先で仲良くなった女性のお酒に睡眠薬を入れて性交をした。バレてしまって、謝罪をした。その女性は許してくれた。これで絶対やってはいけないと思った。
弁護人 どうして1年半前はした?
被告人 (逮捕後の)カウンセリングでわかったことですが、「好意がある人には何をしても許される」という認知の歪みがあった。当時はそれに気がつかなかった。誤った思考が一番の原因です。酒を飲むと、善悪の判断がつかなくなる。薬も持ってはいけない。
弁護人 二度もしてしまったことには?
被告人 心より後悔している。二度と同じことはしない。

 一度目は女性に謝罪した。「やってはいけない」と思ったのだが、「許された」と思い込んだのだろうか。男は二度目の犯行をしてしまった。理性や自分の気持ちだけでは行動を止められない。「自分に好意を持っている人には何をしても許される」という認知の歪み、お酒、睡眠薬、ストレスなどが重なると、加害行為に及ぶ。そうした行動パターンが形成されていると判断したほうがよいだろう。

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

高畑裕太容疑者の「レイパー脳」は更正できない? 過去の類似裁判傍聴でわかった性犯罪者の「自己正当化」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル