ジャニーズ事務所と同等の「マスコミ操作」が囁かれるレプロ! マギー恋愛報道で「セブンのスクープ」潰し、のん(能年)問題でも…

関連キーワード:

,

,

,

ジャニーズ事務所と同等の「マスコミ操作」が囁かれるレプロ! マギー恋愛報道で「セブンのスクープ」潰し、のん(能年)問題でも…の画像1画像は、『I’m マギー』(講談社)

 ハーフモデル・マギーとロックバンド「ORANGE RANGE」のボーカル・YAMATOの交際が報じられた。1日発売の「女性セブン」(小学館)が2人の焼肉デートをキャッチしているが、前日の時点で一部スポーツ紙が先に報道。これについて、関係者からは「明らかにマギーの事務所によるマスコミ操作ですよ」と呆れ声が上がっている。

実はこれ、本来は完全に『セブン』のスクープだったんです。同誌によれば、マギーとYAMATOは今夏の終わり頃、東京・代官山の高級焼肉店で食事デートをしていたとのこと。出会いは5年前の音楽フェスで、当初はお互いにあいさつをする程度の距離感だったが、2年前に共通の知人を介して食事をしたことから親密になっていったという。また、2人は一緒にバリ島旅行に出掛けたことがあるほか、すでにそれぞれの両親にも会わせていると伝えています」(芸能記者)

 同誌は焼肉デート後の2ショットも押さえており、うまく行けばそこそこのニュースになるはずだった。しかし、同誌が発売される前日に、一部スポーツ紙から情報が出てしまったのだ。

「マギーは大手芸能事務所・レプロエンタテインメントに所属していますが、どうやらレプロが懇意にしているスポーツ紙に先に出させて、『セブン』のスクープを潰したと見られています。レプロといえば、最近“のん”に改名した女優・能年玲奈の一連の騒動で話題になっていますよね。能年との契約をめぐって対立中のレプロは、彼女の活動に注目が集まりそうになるたび、各所に圧力をかけて報道を封じているんです。つい最近も、能年がブログやSNSを新設したことを取り上げた複数のメディアが、その数時間後に記事を削除。また、11月公開のアニメ映画『この世界の片隅に』で能年が主演に起用されたことも、主要スポーツ紙などではまったく触れられませんでした。すべて、レプロの働きかけによる可能性があるでそう」(芸能プロダクション幹部)

 ここまで露骨なマスコミ操作を行うレプロだけに、「マギーの件も事務所の力が働いたと考えて間違いなさそう」(同)とのこと。

「ただ、能年に関しては芸能界の常識を踏まえると、話し合いもせずに事務所を飛び出して勝手に行動しているのは確かにルール違反という見方も強い。しかし、能年と比べればマギーの熱愛なんて正直そこまで痛手ではないはずなのに、そんなところでわざわざ週刊誌に喧嘩を売るとは、レプロも冷静さに欠けすぎじゃないですかね。能年のことでファンにも不信感を与えているし、今まさに大失敗しているジャニーズ事務所と似たようなものですよ」(同)

 マギーのスクープを潰された「セブン」は、今後レプロ所属タレントのスキャンダルで“お返し”しようと燃えているかもしれない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ