【ユダヤの大法則】9~10月に株価大暴落→世界大恐慌へ?オイルショック、リーマンショックなどに続き、2016年「ヨベルの年」がやってくる!

【ユダヤの大法則】9~10月に株価大暴落→世界大恐慌へ?オイルショック、リーマンショックなどに続き、2016年「ヨベルの年」がやってくる!の画像2シナイ山 イメージ画像:「Thinkstock」より

■50年に一度やってくる「ヨベルの年」

 さて、「出エジプト記」に記し切れなかったことは「レビ記」で補完されている。このレビとは、祭司職を担った部族名のことだ。そこで登場するのが「ヨベルの年」という概念だ。神はシナイ山でモーセにこう告げる。

「あなたは安息の年を7回、すなわち7年を7度数えなさい。7を7倍した年は49年である。その年の第7の月の10日の贖罪日に、雄羊の角笛を鳴り響かせる。あなたたちは国中に角笛を吹き鳴らして、この50年目の年を聖別し、全住民に解放の宣言をする。それが、ヨベルの年である。」(レビ記25章8~10)

 この「7年」のサイクルを7回繰り返した49年目は「大安息年」とされ、当然ながら畑への種まき、手入れ、収穫ができない。例によって土地には休息を与えねばならないからだ。そして、このことは翌50年目の「ヨベル年」も同様である。だから、この時期ばかりは2年続けて経済活動を抑制しなければならず、ユダヤ人にとっては大変な事態だ。

 その上、ヨベル年には、たとえば以前に土地を手放さざるを得なかった人は、それを買い戻すことができる。仮に買い戻す力がなかったとしても、買ったほうが手放さないといけないので、元の所有者は返却を受けることができる。同胞で身売りせざるを得なかった人も、その子どもまで含めて、解放されることになっている(※ただし、異邦人の奴隷はイスラエル人の財産であるため、永久に働かせることができる。また、同胞からは利子を取ってはいけないが、異邦人相手なら利子を取ってもよいとされる。すべて神自身の言葉である)。

 つまり、まとめると、このヨベル年はそれまでの49年間の「総決算・総清算・総休息」の年なのだ。少なくとも、ユダヤ人の負債はリセットされることになっている。

 前述の通り、これはシナイ山で神が「命じた」ことであり、イスラエル人としても契約したことである。もっとも現代では、正統派教徒ならともかく、普通のユダヤ人にそんな戒律を遵守することは不可能だ。そこで「タルムードを使うのだ」と、あるユダヤ人は教えてくれた。タルムードとは、旧約聖書の注釈やラビの言葉などが記されている知恵の書物だ。これに戒律違反をうまく正当化するための裏マニュアルが含まれているのだという。つまり、これを使えば事実上、神に対して何でも弁明可能というわけだ。

■2016年は“金融総清算”の年か?

 とはいえ、「仕事をしたら、おまえ死刑な。家系も断絶な。破るやつがいっぱいいるようだと、エルサレムごと滅ぼしちゃうからな」と、神自身から厳命されれば、裏マニュアルがあろうがなかろうが、ユダヤ人なら誰だって心理的なブレーキが働くだろう。

 なにしろ神は1人ひとりの心の動きまで把握している。この「神から常に見張られている」とか「神を欺くことはできない」といった意識は、ユダヤ人には思いのほか強いらしい。しかも、宗教的恐怖心の呪縛以外にも、「モーセの時代から今日まで守ってきた戒律だから、自分の代で神との契約を破るわけにはいかない」という思考も働く。この「先祖代々の歴史の重みを背負っている」という意識も、戒律に対する義務感を生むに違いない。

 今日、ゴールドマンサックスやソロモンブラザーズなどの巨大投資銀行がおしなべてロスチャイルド系列であることはよく知られているが、世界の金融界を支配しているともいえるユダヤ人が仕事をしたがらず、また少なくともユダヤ人同士の貸借はリセットしなければならないとしたら、経済に影響が出ないほうがむしろ不思議である。

 そして、今年2016年がそのヨベル年といわれている。ただし、本当のことはユダヤ人にもわからない。なぜならば、西暦の何年がヨベル年に当たるという正確な記録が散逸しているからだ。あるいは、一部の人は真実を知っているが、一般には伏せられているとも、わざと偽情報が喧伝されているとも囁かれている。私もそうだろうと思っている。

 ただ、仮説のヨベル年であろうが、一般に流布されている情報を元にして不特定多数の人々がそれを信じるなら、結局はそういう流れが起こってしまう。だから今年、金融市場に異変が起こっても不思議ではない。しかも、現代はデリバティブ(金融派生商品)で元金の何十倍もの信用取引をしている分、クラッシュした時の破壊力も凄まじい。ちなみに、過去の例を見る限り、ユダヤの旧暦の終わりから明け(9~10月)にかけてが危ないようだ。よって金融大惨事が起きるとしたら、それは今、この時期かもしれないのだ……。

(『神々の予定表』著者・超常分野研究家・個人ブログ「新世界より」「フリー座」運営 山田高明)

 

【ユダヤの大法則】9~10月に株価大暴落→世界大恐慌へ?オイルショック、リーマンショックなどに続き、2016年「ヨベルの年」がやってくる!の画像3画像は、『神々の予定表 アジェンダ』より


【編集部より】

 2016年中に世界株式市場の大暴落が本当に起こるのでしょうか? そして、再び世界恐慌の悪夢が繰り返されるのでしょうか? その辺りを大胆に予測したのが山田高明氏の最新刊、トカナBOOKS『神々の予定表』です。しかも山田氏によると、次の日本の大震災が「世界経済の心臓発作」を引き起こすキッカケになる可能性も高いとのことです。本書のユニークな点は、一般の情報と、予言などの「超自然情報」を組み合わせて、それを大胆に予測しているところです。本年度最大の衝撃作として早くも全国で話題沸騰中です。本書の予測する衝撃の結末とは……ぜひともご自身の目でお確かめください!

山田高明の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

【ユダヤの大法則】9~10月に株価大暴落→世界大恐慌へ?オイルショック、リーマンショックなどに続き、2016年「ヨベルの年」がやってくる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル