ノストラダムスの予言「アンゴルモアの大王」とは結局何だったのか? 意外すぎる正体がついに判明!?

ノストラダムスの予言「アンゴルモアの大王」とは結局何だったのか? 意外すぎる正体がついに判明!?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 世界一有名な予言者と称しても差し支えないのが16世紀フランスのノストラダムスだが、その彼のもっとも有名な予言といえば、やはり次の4行詩ではないだろうか。


  1999年、7か月、
  空から恐怖の大王が来るだろう、
  アングーモワの大王を蘇らせるために。
  その前後、マルスは幸運によって統治するだろう。

  (百詩篇集 第10巻72番 山津寿丸氏訳)

 この予言のおかげで、「1999年に人類が滅亡してしまうのではないか」などと無意味に恐怖した人も少なくなかった。とりわけ「恐怖の大王」と「アングーモワの大王」なる存在が不気味に感じられ、昭和の世代はさまざまな憶測をめぐらせたものである。

 ちなみに、フランス語に詳しい山津氏の訳では、より原文に近く「アングーモワ」となっているが、日本ではノストラダムス・ブームを起こした作家の五島勉氏の影響もあり、「アンゴルモア」のほうが一般に馴染みがある。この“アンゴルモア”の正体については諸説が噴出した。たとえば、ある研究者は「初めて原爆が試験されたアラモゴルドのことを指しているのではないか」という説を唱えた。つまり、この予言は核兵器で人類が滅亡することを暗示しているというわけだ。また、別の研究者は「これはモンゴルのことを示唆しているに違いない」と訴えた。かつてのモンゴル帝国の位置にあるのは、ロシア(冷戦時代はソ連)なので、これは同国を暗示しているという推理だ。

 まさに百家争鳴だが、米ソ全面核戦争の危機が囁かれていた冷戦当時の時代背景を考えると、多くの人々がこれらの説に信憑性を感じたのも無理はない。では、この「アングーモワ」なる名称は、実際には何を意味しているのだろうか。

 実は、これはただの地名なのである。前述の研究者・山津寿丸氏によると、フランス南西地方にあるシャラント県の県庁所在地としてアングレームという都市があり、その周辺の地方名が、まさにアングーモワなのだという。そして、旧制度下のアングーモワ州とシャラント県の範囲はおおむね一致するそうだ。そしてフランス史上、このアングレーム領の出身で、ノストラダムスと同時代人であり、かつ「大王」と称された人物がいる。

 それがフランソワ1世(在位1515~47年)だ。ここまで条件が揃っていれば、「アングーモワの大王」はフランソワ1世を意味していると考えるのが普通ではないだろうか。しかも、ノストラダムスは、1世の息子であるアンリ2世に対して自らを「従順な下僕」とへりくだり、手紙をしたためているのだ。すると、前述の予言詩は「フランソワ1世を蘇らせるために空から恐怖の大王が来る」と謳っていることになる。もっとも、これでは依然として意味不明。焦点はやはり「恐怖の大王」の正体だろう。このキーワードを解かない限り、結局、詩の意味は何一つ分からないようだ。

 フランス語の原文では、アングーモワの「大王」も、恐怖の「大王」も共にGrand Royと表記されている。このGrand(グラン)は英語のGreat(グレート)と同じ意味だ。つまり、「偉大な王」と記しているわけだから、否定的な意味で使われているとは考え難い。どうやら「恐怖の大王」とは、その名前とは裏腹に何か偉大な存在を暗示しているようだ。果たして、その正体は何だろうか? また、4行目の「その前後、マルスは幸運によって統治するだろう」とは、どういう意味なのだろうか? さらに、この4行詩全体として、われわれに何を訴えているのだろうか?

 これまで日本中が侃々諤々の論争を展開してきたのだが――実は、真相は意外なものだった。そして、この4行詩の完全解読に成功した時、私たちの眼前に、ある想像を絶する「未来のシナリオ」が浮かび上がってくる仕掛けだったのだ――。続きは、拙著『神々の予定表』(サイゾー)で確かめてほしい。
(『神々の予定表』著者・超常分野研究家・個人ブログ「新世界より」「フリー座」運営 山田高明)

ノストラダムスの予言「アンゴルモアの大王」とは結局何だったのか? 意外すぎる正体がついに判明!?の画像5画像は、『神々の予定表 アジェンダ』より


【編集部より】

「おいおい」という突っ込みはともかく、ノストラダムスが真に伝えたかったメッセージとは、いったい何だったのでしょうか? 山田氏は「アメリカの一極支配のあと、二度と覇権国は現れない。なぜなら『ある人の善政』が始まる」といいます。この4行詩は、その到来と関係しているというのです。その衝撃の謎解きに、ぜひともトカナBooks第1弾『神々の予定表』で触れてみてください。本年度最大の衝撃作として、今や全国で話題沸騰中です!

山田高明の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

ノストラダムスの予言「アンゴルモアの大王」とは結局何だったのか? 意外すぎる正体がついに判明!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル