酒々井バラバラ事件だけではない! 【閲覧注意】すぎる世界のバラバラ冷蔵殺人3例

※4頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

酒々井バラバラ事件だけではない! 【閲覧注意】すぎる世界のバラバラ冷蔵殺人3例の画像1画像は、「ANNnewsCH」より引用

 今月12日夜、千葉県酒々井町の住宅から人間の切断遺体が見つかった。ビニール袋に包まれた状態で発見されたというバラバラ遺体は、この家に住む21歳男性とみられ、現在警察は、同居する25歳の姉から詳しく事情を聴いているという。近所の住民によると、姉弟は両親の離婚にともない母親とともに家を出ていたが、5年前に父親が孤独死した後、再びこの家で暮らすようになったという。なお、バラバラ遺体は下顎のない頭部と左右のわからない足。また、腐敗していないため、2階にある冷蔵庫で保管されていたものと考えられている。

 遺体を切り刻むという猟奇的行為に、大きなショックをもって報じられるバラバラ殺人事件。しかし、世界を見回せば決して物珍しい犯罪ではなく、日本も含めて過去に多数の実例があるうえ、バラバラにした目的も多岐にわたる。そこで今回は、死体を切り刻んだ“目的別”、最悪のバラバラ殺人鬼を3名、厳選してお伝えしよう。


■人肉を食べるため、バラバラにして冷蔵!

 2011年、インドネシアで29歳のフィリピン人の女が逮捕された。一見すると普通に見えるこの女だが、なんと数年の間に30人以上の女性と自らの夫を殺害。その遺体をバラバラにして冷蔵庫で保存し、少しずつ人肉を食べていた

 殺人を繰り返した理由について女は、「人肉が食べたいという衝動が抑えられなかったから」と警察に説明。しかも女は、頻繁に食事パーティーを開いており、招待した友人や親族らに人肉料理を振舞っていたことも判明。招待客たちは、もちろん人肉を食べていることを知らされておらず、誰もが「とてもおいしい」「凄く美味な料理」と舌鼓を打っていたという。

酒々井バラバラ事件だけではない! 【閲覧注意】すぎる世界のバラバラ冷蔵殺人3例の画像2画像は、「NOLLYTIPS」より引用

 逮捕後、警察の現場検証に立ち会った女は、冷蔵庫にぎっしりと詰め込まれた人肉とともに写真を撮影されている(※ 閲覧注意の写真は4頁目)が、悪びれた様子もなく無表情だ。切断された手足の写真も公開されたが、それにしても華奢な女性1人で、よくもここまでやれたものである。女は、警察の取り調べに協力的で、罪を認めて「刑罰を受ける心構えもできている」と述べたとのこと。ところが、「チャンスがあればまた人を食べたい。人肉を食べられるのならば、何のためらいもなく、また同じことを繰り返すことができる」とも証言している。実際、収容先の刑務所で刑務官に襲いかかり、何本かの指を食いちぎって素早く飲み込んだと報じられている。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?