カミカゼ攻撃、生物模倣、巨神兵まで!? AIとドローンの進歩がもたらす激ヤバ最新兵器4選!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

カミカゼ攻撃、生物模倣、巨神兵まで!? AIとドローンの進歩がもたらす激ヤバ最新兵器4選!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 昨年公開された映画「ドローン・オブ・ウォー」をご覧になった読者はいるだろうか。本映画は、無人攻撃機(ドローン)を用いることで、人間が戦地に赴くことなく敵を空爆できるようになった現代の戦争の実態と、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられるドローン操縦士の異常な日常をリアルに描いた作品だ。

 今や兵士たちは、まるでサラリーマンのように安全なオフィスに通勤し、デスクから敵を抹殺することができる。さらに近年は人工知能(AI)の発展も目覚ましく、近い将来ドローンが自動的に敵を判別、攻撃できるようになるとも考えられている。このように世界では、軍事ドローンやAI兵器の開発が急速に進められているのだ。今回は、各国の軍隊が所持する最新鋭ドローンとAI兵器を一挙に紹介しよう。


■中国の超大型殺傷ドローン「Rainbow 5」

 中国軍の次世代主力ドローンこと「Rainbow 5(レインボー5)」。中国航空宇宙科学および技術株式会社によって開発された同ドローンの連続運用時間は、低・中高度でなんと30時間。偵察・攻撃のみならず海洋監視や海難救助など多くの用途で活躍が期待されているという。

 しかし、もっとも恐るべきはその戦闘能力の高さである。というのも一度に1トンもの武器を積載することができるのだ。殺傷能力の高い兵器を、これでもかと装備することができるという点において、東アジアの軍事バランスを大きく変える可能性も秘めているようだ。

カミカゼ攻撃、生物模倣、巨神兵まで!? AIとドローンの進歩がもたらす激ヤバ最新兵器4選!の画像2画像は「Les Blogs」より引用

 昨年、甘粛省の飛行場で「レインボー5」の初となるテスト飛行が行われ(非公開)、成功を収めたという。なお、将来的に同ドローンは、遠隔操作ではなく自律的に対象を探し当てて攻撃する機能を搭載することを目指している模様だ。

ドローン・オブ・ウォー

現代の戦場、その恐るべき実態とは?

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

カミカゼ攻撃、生物模倣、巨神兵まで!? AIとドローンの進歩がもたらす激ヤバ最新兵器4選!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル