水原希子や小松菜奈だけではない、あのタレントも…! 韓流アーティストに“喰われまくる”日本人女性たち

関連キーワード:

,

,

水原希子や小松菜奈だけではない、あのタレントも…! 韓流アーティストに喰われまくる日本人女性たちの画像1画像は、『小松菜奈1st写真集「Trabzon」 (Angel works) 』より

 次々と日本人女性が“喰われている”。政治の世界では日本と韓国はお世辞にも良好な関係とは言えないが、一般社会では別。ヘイトスピーチを展開しているのはごく一部で、若年層の女性のなかには日本人よりも韓国人男性にハマる人が続出している。

「日本人は草食系ばっかり。韓国人はアグレッシブで、すぐにセックスをしたがる。それはそれで悪い気はしない」とは韓国人留学生と交際している20代女性。

 日本でも大人気の韓国グループ「BIGBANG」などは、女性芸能人の間でもファンは多く、“関係”を持とうとアノ手この手で迫っている。水原希子との熱愛で話題となった中心メンバーのG-DRAGONには先日、若手女優・小松菜奈との交際説が浮上。男側のSNSが不正流出したとされ、一部の写真には合成説も取り沙汰されているが、小松が熱狂的なBIGBANGのファンであることは有名だった。音楽関係者の話。

「コンサート会場では毎回見ますし、関係者を通じてG-DRAGONにラブコールを送っていた。半ばストーカー気味で、彼に会えるなら何でもしたそうです」

 BIGBANGいちの日本通で知られるV.Iもハメを外しまくっている。テレビ関係者は「過去に週刊誌でベッド写真が流出しましたが、あれはコトを終えてからの彼の冷めた態度に憤慨した女性側が流したもの。あんなものは序の口で、国民的アイドルグループのメンバーにも手を出しまくっているそうです」と証言する。

 日本に出稼ぎにくる韓国人アーティストにとって、日本はパラダイス。ゴシップ誌記者によると「韓国はパパラッチの追跡がしつこく、自由がない。その点、日本ではまだ顔が割れていないので自由にふるまえる。『少女時代』の某メンバーなんか、彼氏とのデートは日本でと決めていた」という。

 本国では無名に近くても、日本には固定ファンがいる。そうした状況が勘違いを招き、日本人女性を「性のはけ口」としか思わない輩もいる。

「最近日本でも人気が出てきたFのメンバーは都内の高級ホテルで乱交パーティーをやっていましたね。そこに出入りしていたのが、男遊びが激しすぎてアイドルグループを事実上クビになったO。仕事のない時は韓国まで追いかける熱の入れよう。まぁ、メンバーにしてみれば都合の良いデリヘルみたいなものですけど(笑)」(Oを知る人物)。

 そうとも知らずに熱を上げる0は痛々しい限りだが、決して笑いごとではない。日本の音楽シーンともども、日に日に“侵食”されているのだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

水原希子や小松菜奈だけではない、あのタレントも…! 韓流アーティストに“喰われまくる”日本人女性たちのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル