「ジョンベネ殺害事件」の真犯人がついに判明か!? 再検証番組が導き出した衝撃の真実に全米震撼!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

murderofjonbenet2.JPGオリジナルの脅迫状 「Daily Mail」の記事より

 ほかにも身代金の11万8000ドルという数字は、この時期に父親が受け取っていた年末賞与と同じ金額であり、犯人が一家の身近な人間であるというイメージに誘導するものになっているという。つまりこの脅迫状は両親によって短時間で入念に用意されたものだということだ。


■電話オペレーターの新証言

 そして事件当時は出てこなかった新証言が登場している。母親が最初に警察に電話したときの会話の録音音源についても細かく分析されたのだが、この時に電話に応じた担当者が番組で初めて証言を行ったのだ。これまでは緘口令が敷かれて、事件には一切関わることのない立場にあったこの電話オペレーターの女性は、電話をしている部屋にはおそらく3人の人物がいたことと、ひどく狼狽して当然の状況であるのに、まるで“リハーサル”をしたかのような応答が気になっていたということだ。

 聴取記録による母親の証言によれば、この電話の時点で息子のバークはまだ部屋で寝ていることになっているが、録音音源の解析でもオペレーターの証言でも部屋には3人いたことが指摘されることになったのだ。

murderofjonbenet3.JPGジョンベネちゃんが発見された地下室も忠実に再現 「Daily Mail」の記事より

 番組では当時のラムジー家の屋敷を忠実に再現したセットを使ってさまざまな興味深い検証を行っている。はたして、今回の番組が引き金になって一気に捜査が進展していくのか? そしてジョンベネちゃんの兄、バーク・ラムジー氏は今後どのように振舞うのか? いろいろ予断を許さない展開になっている。続報が大いに気になるところだ。
(文=仲田しんじ)


参考:「Daily Mail」、「IBTimes」、ほか

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年3月17日 09:50 | 返信

とりあえず2019年3月現在の最新情報として、ゲーリー・オリバー受刑者(54)が関与を認める手紙を出したっていう報道がイギリスであったというのを書き残しておきます。
事件当時は近くに住んでいて、2016年に児ポ保持で逮捕されたときスマホに数百枚のジョンベネちゃんの写真が入ってたとか…
ただ脅迫状の筆跡とは一致しないらしいので、本当にこの人が犯人なら共犯者がいるってことになるとかなんとか…まだ全容解明できないのかな。

3:匿名 2018年9月21日 20:55 | 返信

あれ?
この子の遺体は打撲だけじゃなくて
強姦の形跡もあったと報道されていたような…。
それで、親がロリコン相手の売春をさせてたんじゃないかとか色々。
(。´・ω・) いずれも気の毒な話だ。

身内が犯人なら、真実を知る最後の一人が告白するまで未解決のままか。
父親と兄が存命中という事は、父親の死後に兄が口を割るかどうかだ。
嫌だね。女の子は確実に亡くなっているというのに…。

2:匿名 2017年5月21日 16:12 | 返信

この話、もうだいぶ前にアンビリーバボーでやってたよね。
また新しい情報かと思ったのにとっくに知ってる話しで何だよってなった。

1:匿名 2016年9月29日 13:15 | 返信

何だよ、この間は現在のジョンベネなのでは?と現在の実際の写真まで載せといて、確信関係なく
単に海外のデマも含めたニュースを出しているだけか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。