【衝撃映像】“警察”ヘリがUFOの撮影に成功! 困惑した地元警察が一般市民に協力要請する緊急事態=英

 なんと、イギリスの“警察ヘリ”が未確認の飛行物体と遭遇、その姿がカメラに収められたというのだ! 謎すぎる飛行物体に地元警察も頭を抱えていると、英紙「Telegraph」や「Daily Mail」をはじめ複数の海外メディアが報じている。


■警察ヘリがUFOを追跡!

 「Telegraph」によると、9月17日夜9時30分頃NPAS(英国家航空警察局)セント・アタン支部所属のヘリコプターがブリストル海峡上空300メートルを飛行していたところ、赤外線カメラに目視できない物体が映し出されたという。

 それでは早速、衝撃の映像をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
policeheli_03.jpg画像は「Twitter」より引用
policeheli_01.jpg画像は「Twitter」より引用

 丸みを帯びた漆黒の物体がハッキリと確認できるではないか。明らかにドローンや航空機とは形状が異なっている。大きさが気になるところだが、残念ながら地元警察でもサイズの測定はできていないそうだ。

 漆黒の物体はしばらくヘリと平行して飛行した後、一瞬にして姿を消してしまった。高速で飛び去ったのだろうか? このことについても地元警察から具体的な説明はされていない。

 結局、同ヘリの搭乗員は謎の飛行物体を同定することができず、なんと、23日にはアイデアを募るためにツイッターに「何だと思いますか?地元のATC(航空管制)も把握していません」と映像付きで投稿したというのだ。

 すると、何人かのユーザーが「風船」や「ランタン」ではないかと回答。しかし地元警察は、問題の飛行物体が非常に高温であることや、風に向かって移動していることから、それらの可能性を却下した。

関連キーワード