奇習! 漁師たちを骨抜きにした「海のオナホール」 ― 使用後は観光客たちの食卓に…!?=千葉県

 奇習! 漁師たちを骨抜きにした「海のオナホール」 ― 使用後は観光客たちの食卓に…!?=千葉県の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 千葉県

 以前、南方戦線において死地を彷徨っていた日本兵たちが、亀をその性交相手にしたという話や、かつて欧米諸国の外洋艦隊において、同様の意味合いから山羊が乗せられていたこと、日本国内においてもエイをオナホールにしていた事例などについてご紹介したことがあったと思うが、実はこうした即席射精道具として扱われていたものの中には、今なお「現役」のものも存在しているという。

「ああ、さすがに今は俺もやりゃしないけど、昔はやったもんだよ、なにせ暇なとき、結構あるもんだからね」

 現在もなお、同地方の漁師をはじめ、多くの「海の男」たちによって嗜まれている性行為についてそう語り始めたのは、主に房総沖での漁をかれこれ40年以上の長きに渡って続けているという千葉県在住の漁師・山之内哲治さん(仮名・62)。山之内さんによると、その「対象」は、自らの飯の種でもある「イカ」を利用したものなのだという。

「イカをさ、こう、ぎゅって掴んでさ、引っこ抜くとさ、ワタのところがとれるだろ。あれをね、使うんだ。そこにだな、てめえのポコをねじこんで、使うっていうさ」

 たしかに、イカは「頭」に見える外套膜のあたりを包むように掴み、目や足の辺りを掴んで引き抜くと、筒状にすることができる。要はそこに陰茎を挿入し、外から掴んでしごくことで、オナニーの道具にするということのようだが、山之内さんによると、それにはちょっとしたコツがあるのだという。

「あれがまたなかなかオツなもんでさ、本当に、力の入れ加減では、モノホンのナオンのナニみてえなさ、感触なのよ。俺なんかもよ、嫁のナニより気持ちいいもんだから、ずいぶんとまあ、世話になったもんよ。けどな、誰でも最初からうまくいくもんじゃねえ。強くやりすぎると気持ちよくないし、場合によっちゃえらいことになっちまう。みんな怪我したりしながら、自分なりのコツを掴んでさ、うまくやれるようになっていくのよ。まあ、俺の場合はだけども、結構いろんな工夫をしてさ……」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ